Black Shark 3S正式発表【120Hzリフレッシュレート・スナドラ865】

ROGやLegion、Red Magicに続きBlack Sharkも新たなゲーミングスマホ「Black Shark 3S」を発表。こちらもRed Magic 5Sと同様に、Snapdragon 865+ではなくSnapdragon 865を搭載し、リフレッシュレートが前モデルの90Hzから120Hzへとアップしたマイナーチェンジモデルとなっています。

Red Magic 5Sが正式発表。予想されたSnapdragon 865+搭載ではなく、Snapdragon 865搭載となり、前...

基本スペック

  • Snapdragon 865
  • 6.67インチFHD+(20:9)AMOLEDディスプレイ
  • 120Hzリフレッシュレート・270Hzタッチサンプリングレート
  • 12GB LPDDR5 RAM+ 128/256/512GB UFS3.1 ROM
  • 4729mAhバッテリー、65W急速充電に対応
  • 画面内指紋認証
  • リアカメラ:64MPメイン(f/1.8 1/1.72)+13MP超広角(120° f/2.3)+5MP深度、4K30/60FPS
  • インカメラ:20MP(f/2.0)
  • デュアルステレオスピーカー
  • イヤホンジャック
  • ボイスコントロール
  • 第三世代MEMC
  • 168.7×77.3×10.4mm、222g

Red Magic 5Sに続き、Black Shark 3SもSnapdragon 865+ではなくSnapdragon 865を搭載

前モデル、Black Shark 3との主な違いはリフレッシュレートが90Hzから120HzにストレージがUFS3.0から3.1に、そして最小RAMストレージ構成でもLPDDR5に(Black Shark 3の最小構成はLPDDR4)なったといったところ。

カメラ構成、バッテリーやマグネット式充電、見た目からサイズまで、前モデルとほぼ変わりありません。

価格は約6.1万円から

カラーはスカイフォールブラック、クリスタルブルーの2色のみ。RAMストレージ構成や価格は以下の通りです。

  • 12GB+128GB:3999元(約6.1万円)
  • 12GB+256GB:4299元(約6.5万円)
  • 12GB+512GB:4799元(約7.3万円)

販売開始は8月4日からです。

3種類のアクセサリーも同時発表

Black Shark 3Sと同時に、Black Shark ショルダーボタン、ゲームパッド、フィンガースリーブの3種類のアクセサリーも発表。価格は順に、79元(約1200円)、238元(約3600円)、29元(約440円)となっています。

残すはvivo iQOO?

Legion、ROG、Red Magic、そしてBlack Sharkとゲーミングスマホの発表が続いてきましたが、あと残すはvivo iQOOといったところでしょうか。今回は、Snapdragon 865+を採用するメーカーもあれば採用しないメーカーもあり、iQOOはどちらになるか気になるところですね。

最新SoCを積んで6万円から購入できるのは安い...! vivoは最近発売したvivo X50シリーズのゲーミングモデルとなる...
以前よりリークやティザーがあった、Lenovoのゲーミングブランド「Legion」からのゲーミングスマホLenovo Legion ...

Source:GIZMOCHINA

フォローする

Writer

Kohei
基本的に新機種発表会は生放送視聴して、なるべく早く記事をお届けできるようにしています。スマホの他にはオープンワールドゲームやEDMが好きです。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.08.01 09:22 ID:842900d87 返信

    しばらく(?)

  2. 匿名 2020.08.01 10:59 ID:e40234ca3 返信

    BLACKSHARK3プロのほうがええな

    • 匿名 2020.08.01 23:08 ID:e9f98bcd9 返信

      そらこっちは廉価版の位置づけたからな