YouTubeが短編動画サービス「Shorts」を開発へ【TikTokに対抗?】

YouTubeが短編動画市場に本格参入する模様です。

海外のテクノロジー系メディアサイト「The Information」によると、YouTubeは2020年末までにTikTokのライバルとなる新サービスを開始するようです

この新サービスの名称は「Shorts(ショート)」と呼ばれており、YouTubeモバイルアプリ内で利用可能になるとされています。

短編動画市場にYouTubeが本格参入か?

中国のビデオ共有アプリ「TikTok」と言えば日本でも認知度の高いサービスで、15秒から1分ほどの短編動画を投稿するプラットフォームとして成長中。

勢いは現在も続いており、ダウンロード数が今の増加ペースを維持すれば、2020年の「世界で最もダウンロードされたアプリケーション」になりそうです

主としてティーンエージャーを中心に、日本でも知名度の高い動画作成アプリケーション「TikTok」。中国版の「Douyin」と...

今回のYouTubeによる「短編動画市場に特化したサービス”Shorts”」の開発は、TikTokに対抗するものといえるでしょう。

Shortsとはどんなアプリ?何ができるの?

報道によると、Shortsは「YouTubeモバイルアプリ内で利用できるサービスの一つ」となるようです。またTikTokと同様に”短尺動画を投稿するプラットフォーム”としてリリースされ、ライセンスされた膨大な音楽を利用して、動画のBGMとして利用できるとのこと。

イメージとしては「YouTubeアプリ内にTikTok機能が追加された」といったところでしょうか。

現在のYouTubeの「ストーリー」機能をおさらい

YouTubeの短編動画といえば”ストーリー”を想像した人もいるでしょう。そこで、現在のストーリー機能をおさらいしてみたいと思います。

YouTubeヘルプによると、現在のストーリー機能は下記の通り。

  • 7日間のみ表示される
  • チャンネル登録者数が1万人を超えるすべてのチャンネルで利用可能
  • チャンネル登録者数が1万人を達成してからストーリーの利用まで最長4週間が必要
  • ストーリーはあくまで”ベータ版”の機能

普段何気なくチェックしていたYouTubeのストーリー機能ですが、どうやらまだベータ版の機能のようです。今回のShortsは、ストーリーの正式版といった位置づけになるのかもしれませんね。

Source:The Information,androidcentral

フォローする

Writer


関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.04.04 17:57 ID:e104c7235 返信

    一年後にサービス終了してそう。

    これを「一年験本終(いちねんけんほんしゅう)」という。

    ハハ

    • 匿名 2020.04.04 18:28 ID:7314759c6 返信

      サービス自体も短編だったというオチね…