Xiaomiのマスクに購入者が殺到。サイトが一時ダウン【コロナウイルス】

Xiaomiが販売するマスク(注:今回の記事のマスクとは別物です。写真はXshopiより)

中国で発生した、新型コロナウイルスとそれに関連した肺炎が世界を揺るがしています。日本人の感染者も確認されるなど、依然として緊迫した状況は変わっていません。
中国国内では、感染を予防するマスクの需要が急激に高まっており、Webサイト・実店舗を問わず、人々は在庫を求めて奔走しているようです。

そんな中、Xiaomiの通販サイト「小米有品」が売り出したマスクに購入希望者が殺到し、サーバーが一時ダウンする事態が起きました。中国のニュースサイトGizmochinaが報じています。

今回、購入者が殺到したマスク(写真はWeiboより)

マスクの価格は、1箱20枚入りで39.9元(約600円)。コロナウイルスが猛威をふるう地として、日本でも報道中の「武漢」を含む湖北省の住民には、さらなるディスカウントが用意されていました。
爆発的な需要を予想したためか、1人1箱の購入制限を設定。Weiboによる事前告知もおこなわれ、万全の状態での発売と思われました。

ところが、1月28日16時(現地時間)の発売と同時にアクセスが殺到してしまい、サーバーはクラッシュの憂き目にあうことになります。これを受けた小米有品は、謝罪のメッセージをWeiboに掲載。
オンラインの小売担当者によれば、サーバーの処理能力を上回るアクセスが生じたため、今回のような想定外の事態につながってしまったとのことです。

小米有品が掲載した、マスクの発売予告とその後の謝罪メッセージ(写真はWeiboより)

気になる今後について、小米有品は新たなマスクの在庫を速やかに用意することを約束しています。

余談ですが、筆者が日本国内の100円ショップを訪れた際も、新型コロナウイルスによる影響からか、マスクの購入制限(1人1箱)が告知されていました。
必要な人にマスクが行き渡ることと、一連の騒動の早期収束を願わずにはいられません。

Source: Weibo

フォローする

Writer

早川あさひ
ガジェットフリークとして、「コストをかけなくても幸せになれる」が持論です。AliExpressなどの海外ECサイト、日本国内のフリマサイトの巡回がルーティンワークで、中古市場に関してはちょっとだけ人より詳しいはず。ミニマリスト的な思考が強く、シンプルな暮らしを信条としています。たまにコメント欄に現れることがあるかもしれません。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.01.30 08:22 ID:d97b9de13 返信

    日本のドラッグストアでもマスク箱買いする人いるしなぁ
    それらがメイドインチャイナというのも皮肉だ

    • 匿名 2020.01.30 16:10 ID:d1a140b36 返信

      そら今の時期に早めに確保しないと花粉症の時期に買えない恐れがあるからな
      特に今年はコロナもあるから余計ちゃうかと思うわ

  2. 匿名 2020.01.30 08:37 ID:aa3b5384a 返信

    兎に角人混みに出ない行かない事だよな
    閉鎖空間の移動とか

    まあ無理なんどけど

  3. 匿名 2020.01.30 08:40 ID:d32268527 返信

    春節を延ばしたのが吉と出るか凶と出るか
    移動は控えてほしいが

  4. 匿名 2020.01.31 02:28 ID:1336d17ba 返信

    こういうのもXiaomiのいいところだね
    普段から日用品とか作ってるからこその技術力なんだろう