Amazon社長のスマホハッキング事件で、FacebookがAppleを非難

(Photo: Gizchina)

IT界の巨人たちによる争いは、まだ収束の気配を見せていません。

Amazonのトップであるジェフ・ベゾス氏のiPhoneが、サウジアラビアによってハッキングを受けたとする事件は、日本でも話題になりました。

この事件に関してBBCは、FacebookがAppleを非難していると報じています。
事の発端は、ベゾス氏がWhatsApp経由で受け取ったメッセージが、ハッキングの「入り口」となったという説でした。

The Guardian紙の報じるところによれば、サウジアラビア皇太子であるムハンマド・ビン・サルマン氏とベゾス氏は、2018年5月にWhatsAppの連絡先を交換。その後、ベゾス氏へ送られた動画ファイルに、マルウェアが仕込まれていたとのこと。
これによって彼のiPhone Xはハッキングされ、世界一の富豪に輝いたこともある同氏の個人的な情報が流出したというわけです。

当然、WhatsAppを保有するFacebookは反論。アプリ自体は安全としながら、ハッキングを許してしまったiPhoneの脆弱性を指摘しました。

BBC Radio 4 TodayのTwitterでは、Facebookの国際戦略を担当するニック・クレッグ氏による主張を紹介。
英国の副首相歴も持つ同氏は、WhatsAppはエンドツーエンド暗号化を採用しているため、セキュリティに問題はないと主張しています。

自信たっぷりの姿勢を崩さないFacebookですが、BBCは過去の具体例を取り上げ、WhatsAppの脆弱性を指摘。
これに対し、Facebookも「ニック氏の主張に付け加えることはない」とコメントしており、依然として予断を許さない状況です。

Facebook(あるいはWhatsApp)は昨年10月、マルウェアの開発に加担しているとしてイスラエルのNSOグループを訴えたばかり。
WhatsAppだけでなくInstagramも展開し、SNS分野では他の追随を許さない同社にとって、今回の事件は頭痛の種となっています。

Source: BBC

フォローする

Writer

早川あさひ
ガジェットフリークとして、「コストをかけなくても幸せになれる」が持論です。AliExpressなどの海外ECサイト、日本国内のフリマサイトの巡回がルーティンワークで、中古市場に関してはちょっとだけ人より詳しいはず。ミニマリスト的な思考が強く、シンプルな暮らしを信条としています。たまにコメント欄に現れることがあるかもしれません。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.01.30 06:47 ID:c80a172e6 返信

    情報流失に関して言えばFacebookも信用できるとは言えないな。

    • 匿名 2020.01.30 08:06 ID:fd180a72a 返信

      毎年のようにやらかしているから正直漏洩という都合の良い言葉を使って個人情報を売り払って利益を得ているんじゃないかと思ってる。(どこの企業でもやってそうだけれども)