なぜXperiaは人気を失ったのか

我々日本人にとっては親しみのあるSONYのスマートフォンブランド・Xperiaでしたが、ここ数年では驚くほどにその勢いを失ってきています。

最盛期では年間5000万台近いスマホを出荷したSONY。2017年には既に約1350万台にまでスマートフォンの売り上げが減少しており、2018年度の売り上げ予想(2月時点)では650万台にまで落ち混んでいます。

スマートフォンの買い替えサイクルが遅まっているのもありますが、大幅な販売台数減少が見られるのが現状です。

ファンも多かったであろう大画面のファブレットのXperia Z Ultraや、スマートフォンでは初めて4K液晶を搭載したXperia Z5 Premiumなど様々な機種を送り出してきたSONYでしたが、なぜXpeiaは人気を失ったのでしょうか。

庶民層には高かった価格設定

「SONYの製品は高い」この認識は誰にもあるものでしょう。このイメージの通り、SONYのスマートフォンは他社の製品と比べると価格が全体的に高かったのが特徴でした。日本国内では、キャリアから型落ちモデルとしてセール販売されない限り、高級な機種が多いのがXperiaのラインナップです。

日本国外でもスマートフォンを積極的に展開しているSONYですが、他社の最安ラインナップとSONYの最安ラインナップでは1万円以上の差があるマーケットも海外には存在します。これについては、現地の若年層や庶民層をターゲットにしていないと言わざるを得ません。

SONY公式サイト(フィリピン)より

例えば、フィリピンでは2月時点のラインナップではSONYのスマートフォンは最安機種がXperia L1の20,257円(2月19日現在)となっています。

フィリピンで生活する友人は「今年から近所のショッピングモールでSONYのスマートフォンが売られているのを見なくなってしまった」とこの記事の執筆に際して話してくれました。

こうした高い価格設定にはSONYがAppleのように高級路線(ハイブランド化)・高単価化を目標としていたことが理由としてあるのでしょう。しかし無数に選択肢があるAndroid端末の中から「売れる高級スマートフォン」として抜け出すことは難しかったのが現実です。

端末トラブルの続出

電子機器である以上トラブルや故障は避けられないものです。その発生を最小限に留め、発生後にサポート対応をするのがメーカーの責任ですが、SONYのスマートフォンでは特別話題になったトラブルがありました。「タッチ切れ問題」です。

タッチ切れとは、端末本体に衝撃を与えた際に、画面割れの有無に関わらずスクリーンからのタッチを認識しなくなるという問題です。

落下事故などなしに突如発生する報告もインターネット上で多数あり、SONYが無償修理を現在まで続けている有名なトラブルの一つです。

画像はXperia Z3+(海外向けのZ4)

そのほか、バッテリー発熱問題もXperia Z4をはじめ、よく知られているトラブルでした。放熱処理性能や高性能チップセットと他部品の相性などで起こる、異常なまでの発熱はXperiaで深刻でした。

最新の機種ではこういったトラブルも減っており、旧型製品らもAndroidアップデートなどで対策されていますが、過去のこういったトラブルが無ければXperiaユーザーが流出することをもっと食い止められたはずです。

デザインの迷走

2012年にソニーエリクソンがSONYの子会社化されて以来、Xperiaシリーズのデザインは迷走していると一部では言われています。Xperia Zシリーズでは一つのデザインの型にこだわりすぎてファンを退屈させてしまいました。

その一方で、XシリーズやXZシリーズではトレンドと外れたガラリと変わったデザインで勝負してきたことで、ファンを混乱させてしまったと考えることができます。競合他社のノッチによるベゼル小型化に追随しない頑なな姿勢は珍しいものでした。

Googleで「Xperia デザイン」と検索すると、候補ワードから必ずしも良い評価を受けていないことが分かります。

カメラの配置や背面のカーブを大々的に変更したXperia XZ2はSONYにとって大きな挑戦だったでしょう。ですが、大胆すぎたデザイン変更は結果的にユーザーからの批判を浴びてしまいました。

ただ、Xperia XZ3では問題点だった重さ、分厚さがいくらか改善され、側面ラウンドディスプレイで外観もかなりブラッシュアップされて来ています。

今後のモデルで如何にユーザーを飽きさせず、かつ戸惑わせないデザインにしていくか、ソニーの力量が試されることでしょう。

中国メーカーとAppleの板挟みに

言わずと知れた日本を代表する家電総合メーカーの一つであるソニーにとって自国日本のスマートフォン市場は規模も大きい最重要マーケットです。

そんな日本のマーケットでは、Appleが大きくシェアを握り、SONYはそれに続く形が数年続いていました。Appleに対して苦戦している中で、2016年ごろから中国のHuaweiがマーケット内で勢いを伸ばし、そこにOPPOなどの中国メーカーに参入を許してしまったのがここ数年のSONYです。

日本国内でAppleやSamsung・Galaxyをはじめとする海外企業にシェアを大きく取られてしまったのはSONYの一つの敗因だと考えられるでしょう。

今後のSONYに期待しましょう

ライターお気に入りのXperia Z3 Compact

しかしながら、SONYの製品はコアなファンを一定数集めており、洗練されたデザインや機能がとても評価されているのも事実です。ファンからの人気ぶりは、SONY製品を愛する人を指す「SONY信者」という言葉からもよく伝わります。

また、ソニーのヘッドホンやPS4は世界各国で好調が続き、Xperiaの凋落ほどにはソニーの知名度は衰えていません。

スペインで行われる予定のMWCでSONYは新型Xperiaを発表しますが、とても良い仕上がりになっているという情報がメディア関係者の間で流れています。今後のSONY動きにも注目しながら、ファンを驚かせてくれる機種のリリースを期待しましょう。

リーク情報は以下の記事をご覧ください。

今月中に発表されるソニーの新型スマートフォン、 Xperia XA3の鮮明なレンダリング画像が明らかになりました。21:9の超縦長デ...

フォローする

Writer

Sekey
ポップアップ式カメラで顔認証中に落下させてしまい、カメラにキズがついてしまった2019年の夏

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.02.20 14:34 ID:97825a507 返信

    Xperiaタブレット出してくれないかなぁ

  2. 匿名 2019.02.20 15:17 ID:70f1f434b 返信

    Z3まではスペックは若干劣っても高級感あるデザインや
    オーディオ関係などの色々な強みで戦っていましたが
    少しポップになったZ4でのSD810を扱いきれなかった爆熱問題以降、
    ブランドイメージもデザインも迷走続きのイメージがあります。
    評判の良かったZ1やZ3も、評判の良さで隠れていましたが
    実は結構な発熱機種でしたしね。

    Z3cなんかiPhone5+α程度の筐体サイズにiPhone6相当の4.7インチという
    当時としては結構な意欲作で、いまでも私もお気に入りです。
    このころの勢いが懐かしいです。

  3. 匿名 2019.02.20 15:19 ID:70f1f434b 返信

    あ、

    >ソニーのヘッドホンやPS4は世界各国で好調が続き、Xperiaの凋落ほどにはソニーの知名度は衰えていません。

    プレイステーションと連携するのしないののごたごたは
    迷走の大きな原因の一つに数えていいのかも。

  4. 匿名 2019.02.20 17:20 ID:99b2c0b9c 返信

    ソニー全体で見れば業績は好調。
    だから尚更、モバイル部門のお荷物っぷりが目立つ。
    株主にも詰められるし、もうどう考えても挽回は
    不可能なんだから早めに切り捨てた方がいいと思うけどね。

  5. 匿名 2019.02.20 20:50 ID:959cd142f 返信

    今度出る21:9のやつは面白そう
    縦に長いと視野が拡がって有利なゲームをやっている都合上、買ってみるつもり

  6. 匿名 2019.02.21 00:01 ID:07bc98d22 返信

    あえてソニーのを買う必要はあるんでしょうか?

  7. 匿名 2019.02.21 00:27 ID:c754f4c6f 返信

    Androidの中にあってSONYオリジナルのUIやアプリが無いのは経営陣の無能っぷりが招いた結果だけど先進的な発想とプロデュースができないのは日本企業のお家芸かもしれない。
    中核的存在のスマホ事業をここまで凋落させた自覚が無いのが一番の問題かな。

    • 匿名 2019.02.21 09:46 ID:b5afaf366 返信

      オリジナルアプリはまだいいけど独自UIなんていらんでしょ
      スモールアプリとか、未だにマルチタスクは微妙なスマホにおいて
      うまく育てれば化けたであろうものを育てきれずに見放したのは非常に残念

  8. 匿名 2019.02.21 01:51 ID:41b2cfbf1 返信

    とりあえずカメラアプリはいちから作り直したほうがいい。日本ではあんまり言われて無いけど、海外ではずっと解消されてない歪み問題が滅茶苦茶ネタにされまくってる。
    国内でgalaxyの話になると爆発が〜って脳死で連呼する人と同じくらいのレベルでよく見かける。

    • 匿名 2019.02.21 10:00 ID:b5afaf366 返信

      それ、アプリ改善で直るの?
      アプリの問題なら他のサードパーティー製カメラアプリ使えば
      歪みが改善されるはずだけど、そうじゃないでしょ?
      カメラモジュールから渡されたデータを本体で味付けして、
      それからアプリに渡すわけだから、
      本体内の味付けをきちんと見直さないとならないと思う。

      最近は他のチームの力借りるの止めたんだろうか。
      前はテレビ作ってるチームやデジカメ作ってるチームに声かけて
      ノウハウを借りるのをウリの一つにしてたと思うんだけど。

      • 匿名 2019.08.04 01:39 ID:a80121909 返信

        Android one X2 by HTCを使ってます。Ymobileとしてはストレージ32GBが多い中、X2は64GBのストレージと短時間充電を可能とし、3日持ちのバッテリーがお気に入りです。5G対応端末が出るまでこれを使います。

  9. 匿名 2019.02.21 17:36 ID:61a338646 返信

    研究開発費が違いすぎる。
    それでいて値段がバカ高い。
    GALAXY S10シリーズはRAMが8GB、12GBと世界最高、ROMも256GB、512GB、1TBと文句なしだが、もうすぐ出るXperia 10ZはRAM 6GB、ROM 128GBと世界最低、GALAXY S10eと同等スペック。
    Xperiaに挽回なんて無理だ。

    • 匿名 2019.02.22 16:23 ID:b38e75256 返信

      数が出ないから開発費回収するには高くするしかない
      挽回を狙うなら一時期は赤字出してでも
      他社に比肩するスペックと価格が必要だが
      ただでさえお荷物扱いのモバイル部門に
      そんな思い切ったやり方が認められるはずもない

      詰んでるよね

  10. 匿名 2019.02.21 17:43 ID:59910196d 返信

    タッチ切れで中華スマホ使いだしてからもうXperiaに興味なくなったな

  11. 匿名 2019.02.23 13:06 ID:b2ddf2278 返信

    A2からZ5Cに買い換えて後悔した。
    タッチ切れ、爆熱。Android7にアップしてからバッテリーがすごい勢いで減る。
    そもそも、ソニーが嫌いだったけど国産で選択肢がなかったから使ってただけだったし、キャリア端末なんて買わないから二度とXperiaを使うことはない。

  12. 匿名 2019.03.18 15:53 ID:dba88f96d 返信

    Sonyよ、今こそパラダイムシフトの時ではないのか

  13. 匿名 2019.03.29 07:39 ID:1bda7c474 返信

    VAIOに続け(笑)

    放っておいても無くなるよ
    そもそも市場に不要だから
    1%も無い現実

    今どきXperiaとか話題にしてるのは
    日本人(の極一部)と
    ヲタのアクセスPV狙いのライターだけ(笑)

  14. 匿名 2019.04.19 21:22 ID:12f0f99f0 返信

    xperia z3ではなくてz3+ですよ!!つまり日本でいうz4ですよ!!

    • Sekey 2019.04.23 01:08 ID:d9f80b1dd 返信

      スピーカーのデザインがZ4そのものですね。ミスでした。
      ありがとうございます。

  15. 匿名 2019.04.20 07:49 ID:3bba488f6 返信

    そりゃあ糞見たいなSONY社員が悪い。
    ご紹介の電話をSONYにしたのに「関係ありません。キャリアに連絡をしてくだい」だとよ。製造、販売しておいて不具合連絡してんのにそれはないんじゃね?
    2度とSONYの端末は買わねー

  16. 匿名 2019.04.20 07:50 ID:3bba488f6 返信

    不具合の電話です。

  17. 匿名 2019.05.07 20:33 ID:b27b80c09 返信

    ガラケーの頃からずっとソニーです。スマホが出た当時も予約して手に入れ10台くらいXPERIAを使い続けて来ました。2台持ちの時だけ他メーカーの物を数回持ったことが有りますが、全てキャリアはドコモで電話機はソニーです。似たような機能を取り入れ似たような機種を出すメーカーが多い中、物真似ではない独自の路線を貫く姿勢が好きでしたが、ここまで不人気になってくると次の機種でギャラクシーに変えようと思います。セラミックは良さそうですね。ソニーもカーボンやチタンの機種を出して欲しかったな

  18. 匿名 2019.06.22 15:33 ID:ed33cd803 返信

    Z4で完全にユーザー舐め腐った対応したからね
    xperiaとか二度と買わんわ

  19. 匿名www 2019.07.06 15:45 ID:7c350699e 返信

    ソニーに拘る神経がないですな。不具合多すぎなんだなぁ。使いにくいではなく使えないという言葉がしっくりくるスマホって感じです。ごめんなぁ 事実なんで(笑)

  20. 匿名 2019.07.12 00:14 ID:91a768170 返信

    世界的に売れなくなったのはルート取れなくなったのが大きいと思う。SONYはそういうとこガッチリ塞ぎすぎ。昔のXPERIAは普通にルート取れたのににな。ルート取れないAndroidははっきり言って不便。特にバックアップ関係。

  21. 匿名 2019.09.09 11:54 ID:8e2547375 返信

    家電全般としてはSONY製品って好きな方なんだよねー
    スマホもスペックに関しては不安に思ってないしデザインを期待したんだけど
    どんどんおかしな方向に行き、価格もバカみたいに高騰。
    それでも数年待てば良い方向に転ぶかなーと思って当面のつなぎにHUAWEIのNOVA3を
    買ってみたんだけど、これが予想外に良機で。
    もう国産に戻れない・・・HUAWEIなり中華スマホが良すぎる。世間は

  22. 匿名 2019.09.09 11:55 ID:8e2547375 返信

    続き、世間は中華スマホをバカにしてるかもしれないけど、
    使った感じ相当良い。 これは国産勝てないわ。

  23. 匿名 2019.09.13 00:07 ID:dcec9e23f 返信

    XPERIA代々使い続けてきたけど、不具合多いわ。先代から接続不良続き、今後はもう、止め様と思ってます。