スマホのユニバーサルサービス料とは?

電話料金の利用明細に記載されている「ユニバーサルサービス料」。何の料金かご存じでしょうか?

このユニバーサルサービス料、実は我々の暮らしを支えるために大事な財源となっています。今回はユニバーサルサービス料とは何なのか、どこに利用されているお金なのかを解説します。

ユニバーサルサービスとは日本全国に電話サービスを展開すること

ユニバーサルサービスとは、日本全国で提供されるべきサービス、「基礎的電気通信役務」のことです。具体的には離島、山村など高コスト地域の加入電話、日本全国の公衆電話、そして緊急電話の3つのサービスを指します。

国民の生活の水準を確保するためにも、固定電話、公衆電話、緊急電話は全国をあまねくカバーする必要があります。これらのサービスは、法律に基づきNTT東日本とNTT西日本が責任を持って整備しています。

しかし、固定電話は首都圏などの採算が取れる地域以外では赤字で、公衆電話も利用率を考えると維持費がかかります。また、緊急電話は電話を契約していなくても利用できるため、こちらも利益が出ないものです。

そのため、2006年よりNTT東日本とNTT西日本に接続する接続電気通信事業者等(携帯電話のキャリア等)に対して負担金を拠出することが始まっています。この負担金の殆どは通信を享受するユーザーに転嫁されています。その際に我々が支払うお金こそが、ユニバーサルサービス料なのです。

我々が支払ったユニバーサルサービス料は、通信事業者を経由してNTT両社に集められ、公共通信サービスを維持するために使われているのです。

ユニバーサルサービス料は電話番号あたりにかかる

ユニバーサルサービスのキャラクター、「ユニちゃん」

ユニバーサルサービス料は電話番号1つに付き1つ請求されます。

つまり、普通は1つ分請求されますが、複数の音声通話付きのSIMを契約すると2つ分請求されます。なお、1番号あたり2-3円ほどなので微々たる額です。

2020年1月より値下げ

このユニバーサルサービス料ですが、2020年1月より値下げされることが決定しました。

ユニバーサルサービス料はいままで2円と3円を行き来していましたが、今年7月に3円に値上げされました。半年後の来年1月に再び2円に値下げされることになります。

おそらく2円では足りないが、3円では多すぎるということなのでしょう。しばらくしたらまた3円に値上げされると思われます。

Source : 総務省

フォローする

Writer

Yusho Nakayama (旧Mo)
コメント見てますので安心してください。Moって読みづらくね?と思って名前を使うことにしました。どっちで呼んでも大丈夫です。 2013年にMNPを知ってからスマホオタクになった理系大学生。telektlistでは珍しいiOS派。 Twitter: @yushonakayama Instagram: @yushonakayama

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します