Vivo Z5xが正式発表。トリプルカメラ・穴あきディスプレイで2万円台

Vivoが最新の6.53インチスマートフォン Vivo Z5xを中国にて正式発表しました。

Vivo Z5xは低価格・高いカタログスペックが特徴で、Huaweiの人気スマホ、P30 liteNova lite 3を超えた高コスパを実現しているようです。

Vivoは中国の広東省に本社を置くスマホメーカーです。中国国内で3位、世界5位のシェアを有しています。また、Vivoは歩歩高グループに属しており、世界シェア4位のOppoやRealme、Oneplusも同じ系列のメーカーです。

デザイン

Vivo Z5xはVivo初となるパンチホールディスプレイが採用されています。ディスプレイ上部とサイドのベゼルはとても薄いのですが、下の方のベゼルはそれなりに厚いです。

本体のサイズは 162×7.3×8.8mm。重量は208gで、少し重めです。

ディスプレイ

6.53インチの液晶ディスプレイで、90.77%と高い画面占有率を持っています。19.5:9のアスペクト比で、解像度はフルHD+(2340×1080)です。

チップセット・メモリ

Vivo Z5xのチップセットはSnapdragon 710。メモリは4GB/6GB/8GBの中から選択可能です。

Snapdragon 710のAntutuスコアは総合16.5万点、3Dスコアが4.5万点です。

iPhoneと比べると、iPhone 6sとiPhone7の間、iPadだと2015年発売のA9Xチップを搭載したiPad Pro第1世代と同等の処理能力を持つことになります。

Antutuスコアはスマートフォンやタブレットの処理性能を表す1つの指標です。今回は現在出荷されているQualcommのSnapdr...

また、一般に4GBあればスマートフォンには十分だと言われているため、どのバージョンでもメモリが性能の足を引っ張る心配はありません。

他のvivoのスマホと同じく、Multi-Turboというメモリ等を最適化するゲーミングモードも搭載しています。

カメラ

Vivo Z5xのカメラは16MP+8MP+2MPの3つのカメラで構成されています。

こちらはサンプル写真です。カメラの性能はボチボチ、といったところでしょうか。カメラをあまり使わない人には十分なクオリティーでしょう。

カラー

カラー バリエーションは全3色。左から順にナイトブラック、ファントムブラック、オーロラとなっています。P30 liteを微妙にインスパイアしたような色です。

その他特徴

Vivo Z5xには5000mAhの大容量バッテリーが搭載されています。最近のハイエンドモデルは3000mAh~4000mAhのバッテリー容量が主流なので、電池持ちはVivo Z5xの魅力になるでしょう。

また、イヤホンジャックはしっかり有るようです。防水・防塵には対応していません。

価格

モデルごとの価格は、

4+64GBが1398元(2.3万円)

6+64GBが1498元(2.4万点)

6+128GBが1698元(2.7万円)

8+128GBが1998元(3.2万円)

となっています。4GB/64GBモデルと6GB/64GBモデルの価格差が1000円であるため6GB/64GBがかなりお得に見えますね。vivo Z5xは6月1日から中国にて発売される見通しです。

Source: Gizmochina

フォローする

Writer

GadGetMania
まとめページの管理を担当しています。 メインスマホ:Mi T 9Pro/iPhone Xs Max サブ?スマホ:iPhone 3GS(一番好きな形です。) 年内にMi Note 10/Galaxy Foldを購入予定…

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.05.28 00:12 ID:cdb8e54e4 返信

    やす

  2. 匿名 2019.05.30 16:44 ID:954d5b716 返信

    ディスプレイサイズが6.5インチ超えでバッテリーが5000mAhなら重量が200g超えでも充分過ぎる
    ファントムブラックもいいけど、まあk20いかないらこれかなぁ…