Vivo X70シリーズは独自ISP(Image Signal Processor)を搭載か

画像はVivo X60 ProVivo

今秋発表とされているVivoのフラッグシップシリーズ最新モデル、Vivo X70シリーズですが、独自ISPを搭載とのリーク。同シリーズはそのカメラに定評がありますが、更なるカメラ性能向上に期待ができそうです。

Vivoのフラッグシップ、Xシリーズの最新モデルとなるであろうX70シリーズ。4月にあったリークでは6月発表とのことでしたが、6月発...
vivoはiQOOブランドより新製品のiQOO 8を正式発表する予定であることを伝えました。正式発表イベントのポスター画像が公開され...

ジンバルカメラなども続投か

とあるWeiboユーザーによると、Vivoは独自のISP(Image Signal Processor)を開発中であり、Vivo X70シリーズにて搭載されるとのこと。また、近年のXシリーズの特徴であるジンバル並みのスタビライゼーション、そしてペリスコープレンズも搭載となるとしています。

また「V2130A」及び「V2134A」とのモデルナンバーの機種が中国の3C認証を通過しており、2機種ともに44W急速充電に対応していることが明らかに。これら2機種はVivo X70、X70 Proとされ、最上位モデルとなるX70 Pro+は66W急速充電に対応するとされています。

その他のスペックとしては、Vivo X70のメインレンズのF値は1.5となり、5軸イメージスタビライゼーションに対応とリークされており、6.56インチFHD+ 2,376×1,080p AMOLEDディスプレイを搭載し、120Hzリフレッシュレートに対応すると見られています。

価格はX60シリーズから変わらずか

インド版の価格がリークされており、X70 Proは約₹50,000(約7.3万円)、X70 Pro+は約₹70,000(約10.3万円)となるとのこと。X70については不明ですが、₹50,000以下となることは確実でしょう。

ちなみにX60シリーズのインド価格はそれぞれ順に₹37,990(約5.6万円)、₹49,990(約7.3万円)、₹69,990(約10.3万円)からであったため、その価格に変動はあまりなさそうです。中国価格についても、インド価格とあまり変わりはないため、同様の価格となることでしょう。

サムスンの5nmプロセス製造ミドルレンジSoC「Exynos 1080」初搭載となるVivo X60、X60 Proが正式発表されま...

独自のISP搭載と言えば、GoogleもPixel 2及び3シリーズにて「Pixel Visual Core(PVC)」と呼ばれる独自のISPを搭載していました(4にてPixel Neural Coreに置換、5ではそれも非搭載)。また最近では、OPPOも独自のISPを開発中であるとのリークがなされています。

依然としてカメラの高画素化の波自体は収まっていませんが、それでも最近の多くのフラッグシップモデルのカメラは高画素でも50MPとなっています。今後は、ISP等コンピューティショナルフォトグラフィー方面で進化を遂げていくこととなるのかもしれませんね。

vivo X60t Pro+が中国で正式発表されました。vivo X60 Pro+との違いはリアカメラ構成と価格のみです。価格は4,...
中国で発表済みのvivo X60 / X60 Proのグローバル版が正式発表されました。中国版といくつかの点で違いがあります: ...

Source:91mobiles Via:GIZMOCHINA(1), (2)

フォローする

Writer

Kohei
基本的に新機種発表会は生放送視聴して、なるべく早く記事をお届けできるようにしています。スマホの他にはオープンワールドゲームやEDMが好きです。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します