【Huawei P30 Proに搭載?】SonyのIMX607のスペック情報まとめ

スマートフォンのカメラに用いられるセンサーはSony一強の状態が続いており、AppleやHuaweiなどのSamsungを除くほぼ全てのスマートフォンメーカーに採用されています。

そんなカメラセンサーですが、Weibo上でSonyの次世代スマホ用センサーのIMX 607の情報がリークされました。

スペックについて

さて、そのリーク情報がこれになります。

センサーサイズは1/1.8インチと標準的です。3800万画素とかなり高画素ですので、高精細な写真が撮れることが見込まれます。

IMX 607の特徴は、”exceptional low-illumination performance”、つまり低照度の時のパフォーマンスの高さです。

IMX 586のクアッドベイヤー配列

IMX 607は最近のSonyのイメージセンサーに採用されがちなクアッドベイヤー配列を採用しています。クアッドベーやー配列は、上のような配列で、黄色の枠が1ピクセルになり、右のような一般的なベーやー配列相当として変換されるのですが、低照度時は左のようになり、四つのピクセルをまとめて1ピクセルとして扱うことによって、1ピクセルあたりに受け取れる光の量を4倍にし、高画質な写真が撮れるというものです。

クアッドベイヤー配列は、低照度の時にノイズの少ない高画質な写真が撮れる代わりに有効画素数が1/4になるという技術になります。

IMX 607はこのクアッドベイヤー配列にホワイトHDR配列を加えています。これにより、カラーフィルターを通さない光儲け撮れるため、さらに低照度時につよくできます。これにより、IMX 607は信号ノイズ比が改善しました。

さらに、より強くなるために、ISO 50、ISO 500、ISO 5000の三つのベースISO感度を持ちます。

IMX 607はHuawei P30 Proに採用される?

Huaweiは、Mate20シリーズにおいて、SonyとIMX 600の搭載のための協力をしており、P30シリーズでもう一度カメラセンサーに関して協力するといった話をしています。

Huawei P30シリーズは2019年の第一四半期に登場する予定です。(例年通りなら3月になるはずです。)それまでにIMX 607の開発が進むはずですので、P30シリーズ(特にカメラ性能が重視されるP30 Pro)にこのIMX 607が搭載されるのではないでしょうか。

※画像はP20とP20 Proのものです。 先日、Huawei P30 Proに関してのリーク情報が出たばかりですが、またもや新しいリ...

Huawei P30 Proについての関連記事です。

【追記】Huawei製スマートフォンの安全性に関して、皆さんの意見を聞きたくてアンケートを行っています。よかったらお答えしてくれると嬉しいです。

Source : Weibo, IT之家

フォローする

関連記事

Writer

Mo
2013年にMNPを知ってからスマホオタクになった理系学生。メインはiPhone7でサブはズルトラ。 スマホ以外にカメラをやっているのでカメラに関する記事もバンバン書きます。

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します