Lenovo Xiaoxin Pad Pro 2022

image-source:gsmarena
  • [wp_ulike]
  • 11.2インチ
    1,536×2,560
  • 13MP
    F値/不明
  • 8GBメモリ
    Kompanio 1300T / Snapdragon 870
  • 8,200mAh
    USB Type-C 3.2 Gen 1, USB On-The-Go
スマホコーティング【秋葉原か大手町の店舗で約15分で施工】

[広告]https://telektlist.com/smartphone-coating/


Lenovo Xiaoxin Pad Pro 2022はLenovoのタブレットで、2022年8月に発売されました。11.2インチ2K,WQHDディスプレイを搭載し、厚さは6.8mm、重さは480gです。Kompanio 1300T / Snapdragon 870を搭載しています。

Lenovo Xiaoxin Pad Pro 2022を3行で紹介

  • Kompanio 1300T / SD870搭載のハイスペックタブレット
  • 120Hzリフレッシュレート対応のOLEDディスプレイ
  • カラフルなカラーバリエーション

スペック・性能詳細表

基本情報
名称Lenovo Xiaoxin Pad Pro 2022
メーカー
Lenovo
発売時期2022年8月, 発売済み , 日本では未発売
先代モデル Lenovo Xiaoxin Pad Pro 2021
ネットワーク
3Gバンド-
4Gバンド
キャリア別対応バンド
-
SIM NoSIM
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/6
ハードウェア
ディスプレイ11.2インチ, 有機ELディスプレイ
ディスプレイ解像度 1,536×2,560px (2K,WQHD), アスペクト比5:3
画素密度 普通の画素密度(40cm離れる前にドットが識別できなくなる) , 267ppi
ディスプレイ機能OLED, 120Hzリフレッシュレート, 360Hzタッチサンプリングレート, Dolby Vision, HDR10+, 最大輝度600nit
サイズ263.7 x 166.7 x 6.8mm
重さ480g
本体色月魄(シルバー), 琥珀(ゴールド), 霜雪(シルバー), 青梅(青竹色), 烟霞(藤色), 伴秋(ゴールド)
システム
OSAndroid 12 , ZUI 14
SoCMediatek Kompanio 1300T / Snapdragon 870
CPU4x2.6 GHz Cortex-A78 & 4x2.0 GHz Cortex-A55 / 1x3.2 GHz Kryo 585 & 3x2.42 GHz Kryo 585 & 4x1.80 GHz Kryo 585 8/8コア, 2.6/3.2 GHz
GPUMali-G77 MC9 / Adreno 650
ベンチマーク Antutu9 : -, 
Geekbench5  シングル:740 マルチ: 2,860
メモリ
メモリ(RAM) 6GB / 8GB
ストレージ 128GB ,  microSDスロットあり(独立スロット)
カメラ
メインカメラ 13MP, F値/不明
LEDフラッシュ
前面カメラ 8MP
動画 最大画素数: 1,080p  最大fps: 30fps
機能・センサ
Bluetooth Bluetooth 5.1
GPS GPS, BDS
ネットワーク機能  なし
センサ類 ジャイロ, コンパス , 重力センサー, 光センサー, ホールセンサー
防水  非対応
イヤホンジャック  なし
その他特徴クアッドステレオスピーカー搭載(JBLチューニング, Dolby Atmos対応), スタイラスペン・キーボード対応
バッテリー
バッテリー容量 8,200mAh
充電 30/68W充電, QC3.0
ポート USB Type-C 3.2 Gen 1, USB On-The-Go
価格
現地価格6GB+128GB:2,199元, 8GB+128GB(霜雪):2,499元, 8GB+128GB(青梅, 烟霞, 伴秋):2,599元
円換算価格約44,000円
その他
公式サイトLenovo Xiaoxin Pad Pro 2022
免責事項: ページ上の情報の正確性には細心の注意を払っていますが保証はできかねます (詳細)

Lenovo Xiaoxin Pad Pro 2022の特徴・概要

Kompanio 1300T / SD870搭載のハイスペックタブレット

2022年度版のXiaoxin Pad Proは、SoCにKompanio 1300TないしSnapdragon 870を採用

Kompanio版とSnapdragon版の違いとしては、SoCの他、RAMの規格が前者がLPDDR4Xである一方、後者はLPDDR5となり、最大対応充電W数はそれぞれ順に30W、68Wとなっている点、そして後述のカラーリングの違いとなっています。

また、RAMストレージ構成において、それぞれ1構成のみが用意されており、前者が6GB+128GB、後者は8GB+128GBとなっています。

120Hzリフレッシュレート対応のOLEDディスプレイ

ディスプレイは、120Hzリフレッシュレート、360Hzタッチサンプリングレート対応の11.2インチOLEDディスプレイと、現状申し分ないスペックに。

参考までに、Xiaoxin Pad Pro 2021のディスプレイは11.5インチであったため、今回サイズが少し小さくなっています。

カラフルなカラーバリエーション

Kompanio版とSnapdragon版でカラーリングが異なっており、前者はシルバーとゴールドの2色とタブレットとしては一般的な色合いですが、後者は通常のシルバーの他、レザーの青竹色、藤色、ゴールドの3色が用意されています。

JBLチューニングのクアッドステレオスピーカーを搭載

Lenovoでは上位モデルによく見られる、JBLチューニングのクアッドステレオスピーカーを搭載。もちろんDolby Atmosに対応しています。

スタイラスペン・キーボードに対応

他のLenovoタブレット同様、スタイラスペン及びキーボードに対応スタイラスペンは、横向きした際の端末上部での吸着、そして背面上部での吸着充電が可能となっています。

レビュー募集中

実機レビューを Lenovo Xiaoxin Pad Pro 2022をお持ちの読者から募集中です。
1000円分のAmazonギフトカードを差し上げます。
興味のある方はこちらのフォームまで。

性能・ベンチマーク

Lenovo Xiaoxin Pad Pro 2022は、チップセット(SoC)が Kompanio 1300T / Snapdragon 870、メモリ(RAM)は 6GB / 8GBです。 タブレットの場合、使用用途にもよりますが、画像編集や複数アプリを同時使用するビジネス用途だとメモリはできるだけ大容量が望ましいです。少なくとも4GBは必要でしょう。
ベンチマークスコアは明らかになっていないようです。アップデートをお待ちください。もし、端末をお持ちの場合はお問い合わせから情報提供していただけると助かります。

対応バンド

最新機種であるため、対応バンドは不明です。情報のアップデートをお待ち下さい。

価格・購入先

Lenovo Xiaoxin Pad Pro 2022の 6 GB/ 128 GB モデルの発売時の価格は日本円で約 44,000円でした。購入時の参考にどうぞ。


    格安SIMで今のスマホ月額料金を半分以下に抑えませんか?
    関連記事

    関連記事

     コメント

    ※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します