Reno 3 5Gがちょびっと公開される。どんなスマホ?

5Gデュアルスタンバイ、薄さ7.7mmでバッテリー容量4025mAh。

OPPOが手がけるReno 2シリーズの後継モデル、Reno 3 5Gのレンダリング画像がわずかですが同社副社長のTwitterで明らかになりました。

ブライアン・シェン氏は、Reno 3 5Gは全体が7.7mmという極薄ボディ、同価格帯で最も薄い5Gデュアルスタンバイ対応機であるとアピールしました。画像はこの一枚のみで、筐体がどの様になっているかについては不明。カメラバンプがどの程度の厚みになるか、ですが7.7mmというのはかなりの薄さです。

また、バッテリー容量が4025mAhと大容量で、薄型化によるデメリットも感じられません。

OPPO Reno 2 Oppo Reno 2の後継機、Oppo Reno 3のスペックがリークされました。 Oppoと言えば、...

すでに大まかなスペックがリークされており、SoCにはSnapdragon 735が、ディスプレイは6.5インチになる予定です。独特な機構で注目を集めるポップアップカメラですが、未だ詳細は不明です。価格帯は5万円台となる予定で、5G対応だけでなくその薄さ、筐体の仕上がりも含めて有力な機種になりそうです。

OPPOが今年発表し、高いズーム性能で話題となったOPPO Reno 10X ZoomにColorOS 7アップデートが来るそうです...

リリースは2020年の春頃を予定しており、最新版のオリジナルOS、ColorOS 7がインストールされているでしょう。日本での発売はもちろん未定ですが、ぜひとも手に取ってみたいですね!

追加の情報が入り次第、お伝えしていきます。

OPPOはA5 2020の日本国内向けの取り扱いを開始しました。超広角カメラ、5000mAhのバッテリを搭載したこの端末は現在Ama...
OPPOは先日、EUIPO(欧州連合知的財産局)にOPPO M1という新たな商標を申請しました。 説明として「電子チップ、集積...

Source: xda-developers.com

フォローする

Writer

tokui
新人ライターtokuiです。海外ガジェットYouTuberが好きで、暇があればレビュー動画を見ています。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します