Redmi Note 7 Proのベンチマークスコアは?【Snapdragon 675の実力】

2019年2月の発売開始から、早くも注目を集めているRedmi Note 7 Pro。Redmiブランドの戦略としてインドと中国での限定販売というスマートフォンではありますが、果たしてそのベンチマークスコアは高いといえるものなのでしょうか。中国メディアの快科技が今回の検証を行いました。

Redmi Note 7 ProはSnapdragon 675を搭載します。600番台のSnapdragonとして最も性能が高いチップセットです。

Snapdragon 675のCPUはオクタコア(クロック数:2.0GHz+1.7GHz)のKyro 460(第四世代)で、GPUはAdreno 612という構成になっています。GPUに関しては、新型Snapdragon 855と同じものです。

今回Snapdragon 675の比較の対象となったのがSnapdragon 845とSnapdragon 660。Snapdragon 845は2019年4月現在ではSnapdragon社のSoC全体で二番目にグレードが高い製品となっており、Snapdragon 660は600番台の中級グレードとして知られた製品です。

快科技より

Geekbench(注:シングルコアでのスコアです)でのベンチマークスコアをグラフにしたものがこちらです。オレンジ色がSnapdragon 845、黄緑色がRedmi Note 7 Pro(Snapdragon 675)、水色がSnapdragon 660を指します。

驚くべきは、Snapdragon 845(オレンジ色)とSnapdragon 675(黄緑色)でスコアに大きな差がないことでしょう。それぞれ2475点と2402点と、その差(73点)は僅かです。Geekbenchのベンチマークスコアというと、あまり馴染みがないものですが、Snapdragon 660とSnapdragon 675のスコア差(787点)を考えると小さい差だと言えます。

Snapdragon 675の性能の高さはもちろんですが、Redmi Note 7 Proのパフォーマンスの高さもよく分かるデータでした。

なお、AnTuTuベンチマークでは、Snapdragon 660のスコアが140,000前後だったのに対し、Snapdragon 675(Redmi Note 7 Pro)は185,115というスコアを出しているということです。Snapdragon 845の搭載機種では260,000から270,000台後半ほどのスコアとなっているため、AnTuTuで比較した場合は差があるようです。

Redmi Note 7 Proは中国とインドのみで販売されるスマートフォンとなっていますが、Aliexpressでは複数のセラーから販売されているため、日本からでも注文して入手することが可能です。

Source:快科技

フォローする

関連記事

Writer

Sekey
スマートフォンは過去に何十台も所有してきました。スペックはあまり気にしないタイプの人間です。

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.04.08 17:05 ID:e1fe12fad 返信

    質問失礼いたします。Redmi Note 7は防滴に対してproの方は防滴ではないのですかね?

  2. 匿名 2019.04.09 03:20 ID:b1f6b63fa 返信

    845のほうがGPUが強いんでしたっけ

  3. 匿名 2019.04.09 08:54 ID:4f711fc05 返信

    最後に技適の通ってないスマホの買い方を明記してますけど著者は罪の認識はあるのでしょうか?
    技適無しは立派な犯罪ですよ。

    • 匿名 2019.04.09 10:36 ID:2a7b4e69f 返信

      技適のない製品の購入方法を記載した為、犯罪の教唆に該当しますね。

  4. 匿名 2019.04.09 23:07 ID:b1f6b63fa 返信

    どうでもいいことに顔真っ赤にして噛み付くよね

  5. 匿名 2019.04.10 10:47 ID:4a72d5cb1 返信

    利権のスネかじりでしょう