Redmi K40Sが発表【K40のマイナーアップグレードモデル】

Redmi K50 / 50 Proとともに、Redmi K40Sが中国で発表。K40のマイナーアップグレードモデルとなり、冷却、充電、カメラにおいて性能が向上しています。

Redmi K50及びK50 Proが中国にて正式発表。それぞれSoCにDimensity 8100 / 9000を採用し、どちらも...

基本スペック

  • Snapdragon 870
  • 6.67インチFHD+(2,400×1,080p 20:9)Samsung E4 AMOLEDフラットディスプレイ(中央パンチホール)Dolby Vision 最大輝度1,300nit
  • Gorilla Glass 5
  • 120Hzリフレッシュレート・360Hzタッチサンプリングレート
  • 6/8/12GB LPDDR5 RAM + 128/256GB UFS3.1 ROM
  • 4,500mAhバッテリー、67W有線、QC3+/PD3.0に対応
  • 側面指紋認証
  • リアカメラ:48MPメイン(IMX582 f/1.79 1/2 OIS)+8MP超広角(119°)+2MPマクロ、最大4K30FPS動画撮影対応
  • インカメラ:20MP、最大1080p30FPS動画撮影対応
  • ステレオスピーカー Dolby Atmos Hi-Res Audio&Wireless
  • NFC
  • IRブラスター
  • Wi-Fi 6
  • Bluetooth 5.2
  • MIUI 13
  • 163.2×75.95×7.7mm、195g
  • 充電器付属

カメラデザインが今回発表されたRedmi K50 / K50 Proに似たものとなっていますが、スペックとしては、Snapdragon 870をSoCに採用するなど、昨年2月末に発表されたRedmi K40をベースとしたマイナーアップグレードモデルに。

Redmiの2021年フラッグシップモデル、Redmi K40シリーズが正式発表。Redmi K40はSnapdragon 870搭...

アップグレードされた点は、主に以下の3つ。

  • VC液冷の面積は3,112㎟となり、総冷却面積は4倍に。王者栄耀で120fpsモードに対応
  • 67W急速充電に対応(K40は33W)し、38分で満充電が可能
  • メインカメラがOISに対応

他としては、薄さ重さがそれぞれ0.1mm、1g減り、7.7mm、195gに

ただバッテリー容量が4,520mAhから4,500mAhとなり、マクロレンズは5MPから2MPとスペックダウンしています。

対応バンド

  • 4G : B1/2/3/4/5/8/18/19/26/34/38/39/40/41(2496-2690MHz)/42
  • 5G : n1/n3/n5/n8/n28A(TX:703-733MHz,RX:758-788MHz)/n38/n40/n41/n77/n78

約3.4万円から

Redmi K40Sのブラック(左):Redmi K50 Proのブラック(右) K50 Proが丸みを帯びている一方、K40Sはボクシーなデザインとなり、ブラックではK40Sの方がシンプルなものに

カラーは亮黑(ブラック)、幽芒(グリーン)、银迹(シルバー)、幻境(水色グラデーション)の4色展開。既に販売開始となっており、価格は以下の通りです。

  • 6GB+128GB   1,799元(約3.4万円)
  • 8GB+128GB   1,999元(約3.7万円)
  • 8GB+256GB   2,199元(約4.1万円)
  • 12GB+256GB 2,399元(約4.5万円)

マスコット「Kino」のフィギュアも

Redmiのマスコットキャラクターである「Kino」のフィギュア、Redmi潮流限量盲盒(Redmiトレンド限定ブラインドボックス)も同時発表。

Kino's Weekendsとあるように、サーフィンやスケボーなど、Kinoが休日を楽しんでいる姿、計9種類が用意。ブラインドボックスと名にあるため、中身は開けるまで分からないことと思われます。

既に販売開始となっており、価格は1個69元(約1,300円)です。

40,000万個限定となっていますが、一部商品が日本への発送に対応している京東では販売されていないため、どのみち日本からの入手は難しそうです。

XiaomiがRedmi Note 11を3月10日に日本発売することを明らかにしました。ベースモデル価格は2.48万円(税込)とな...
Redmi Note 11E / 11E Proが中国で正式発表されました。Redmi Note 11E Proについては、グローバ...

Source : 発表会生放送, Xiaomi

フォローする

Writer

Kohei
基本的に新機種発表会は生放送視聴して、なるべく早く記事をお届けできるようにしています。スマホの他にはオープンワールドゲームやEDMが好きです。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2022.03.18 07:56 ID:24e83fe6d 返信

    良い

  2. 匿名 2022.03.18 08:19 ID:eb14b322b 返信

    これが日本にも欲しいな

  3. 匿名 2022.03.18 09:15 ID:eb14b322b 返信

    これのPOCO版出ないかな

    • 匿名 2022.03.18 09:25 ID:eb14b322b 返信

      F4のマイナーアップモデルならF4Sとかか?
      でもPOCOはバンド19使えないモデル多いから、これの日本版かグローバル版出して欲しいわ。

      • 匿名 2022.03.18 09:26 ID:eb14b322b 返信

        間違えたF3やわ。

  4. 匿名 2022.03.18 10:05 ID:24e83fe6d 返信

    FeliCa欲しい

  5. 匿名 2022.03.18 10:42 ID:eb14b322b 返信

    防水、FeliCaが無いとやはり日本では売れない…。 日本版でpocoブランドみたいな高コスパスマホブランドできること祈るしかないのかな…

  6. 匿名 2022.03.18 11:16 ID:eb14b322b 返信

    これいいやん
    カメラどんなもんか分からんが

  7. 匿名 2022.03.18 16:28 ID:eb14b322b 返信

    いいな
    やっぱ低価格帯のXiaomiスマホ出ないと盛り上がらんな

  8. 匿名 2022.03.19 08:35 ID:e04224bba 返信

    いかにSD870が名機だったのかがわかる