Redmi AirDots 2が約1200円でクラファン開始【TWSイヤホン】

XiaomiのTWS(完全分離型)イヤホン「Redmi AirDots 2」が、7月22日よりクラウドファンディングを開始しました。小売価格は99元(約1500円)、クラウドファンディング価格は79元(約1200円)となっています。TWSイヤホンとしては破格の安さです。

主なスペック

【Redmi AirDots 2の仕様】

  • Bluetooth5.0対応
  • DSPノイズリダクション
  • Xiao AIに対応
  • 本体4時間、ケース込み12時間
  • 7.2mmのサウンドユニット
  • 重量は4.1g

前モデルRedmi AirDotsと比べて、これといった進化ポイントはなさそうです。スペック上のサウンドユニットのサイズやバッテリーの持ちに変わりはありません。

Redmi AirDots 2は操作性の高い格安TWSイヤホンです。充電ケースから取り出すとデバイスと自動で接続されます。片耳モードと両耳モードの切り替わりもシームレスです。イヤホンは片耳でも動作でき、もう片方を装着すると再ペアリングせずに自動的にステレオに切り替わります。

なお、音声アシスタントのXiao AIにも対応していますが、こちらは中国語のみです。

完全ワイヤレスイヤホンを購入するときに耳にする「TrueWireless Stereo Plus(以降TWS Plus)」。 ...

Redmi AirDots同様、音質に強いこだわりがないユーザ向けか

XiaomiはTWSイヤホンの開発に積極的です。前モデルであるRedmi AirDotsシリーズの他にも、AirPodsライクのAirDots 2 Proなど様々なTWSイヤホンを発売しています。

なんだろうこの垢抜けなさ…。 Xiaomiのサブブランド、Pocoから新たにワイヤレスイヤホンがインド向けに発売されることにな...

前モデルのRedmi AirDotsは大人気でした。日本のAmazonでも3,000円前後で販売されており、それなりに売れたようです。ただし、レビューを見る限り、音質の評価は価格なりのように思えます。

Xiaomiのクラウドファンディングは、資金集めというよりは「PR・前売り」的な意味があるように感じます。なおXiaomiはスマートフォン以外も一定の評価を得ているようで、AIマウスのクラファンは大成功していました。

日本でも発売されたら流行るのでしょうか? AIを搭載したスマートマウス「XiaoAI Mouse」は、目標の約10倍となる資金...

クラウドファンディングに日本から参加するのは難しそうですが、正式発売後は日本で入手も可能になるでしょう。

Redmi AirDotsは、音質に強いこだわりがなければ優秀なイヤホンといった印象でした。音質が進化しているかどうかも、Redmi AirDots 2の評価ポイントとなりそうです。

Source:IThome

フォローする

Writer

岩佐
新人ライターの学生(19)。狂信的なXiaomiファンです。 https://twitter.com/nagi_iwasa

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.07.27 18:37 ID:9bf2054d9 返信

    耳の中で爆発しそう
    でも欲しい

  2. 匿名 2020.07.27 19:03 ID:a8580fe06 返信

    UMIDIGでも同じような形で販売してたけど、出どころはおなじかな?

    • 匿名 2020.07.27 19:40 ID:d59778b40 返信

      Airdots初代は全く同じだと思われ

  3. 匿名 2020.07.27 21:31 ID:706b1c414 返信

    日本国内から参加できたら安く手に入るんだろうけどねぇ・・

  4. 匿名 2020.07.28 20:05 ID:c4f1aad02 返信

    しかしまぁこの手の製品ってすでにそこそこ安価で性能も良いの結構あるし、
    値段の割にすげー性能とかじゃなかったら勝てなそうだけどどうなんだろ
    そして性能が高いと値段が上がりやすくなる(少々の体感差では値段的旨味がでにくい)と思ってる

    • 匿名 2020.07.28 21:32 ID:c67dd8503 返信

      こういう商品中身変えずにリネームとか多そう
      どうせ違いわかんないだろうし

    • 匿名 2020.07.29 01:33 ID:4c0304109 返信

      完全ワイヤレスイヤホンの世界は安かろう悪かろうだから
      実売データとして売れてる製品も1万後半から2万円台のもので
      性能のバランスが取れてる中間グレードとしての需要は5000円-1万円台前後だから安過ぎるものに良いイメージはないな

  5. 匿名 2020.07.29 01:37 ID:1097d9d3b 返信

    安いの買って文句言うより
    1個高性能な高いの買って満足した方が遥かにお得
    これは値段と性能が比例するテクノロジー業界全体に言えるけど

  6. Samurai cat 2020.09.01 08:34 ID:c93d2087d 返信

    Air Dots 1のほう買ったけと(約2000円)、滅茶苦茶重宝してます。
    スマホもRedmi note pro9との相性もばっちりでした。
    1の方側失くしたので2を購入予定。
    金額と質で全く悪くない選択肢でした。
    今後はGoogle使用できなくなるからどうかな?