Redmi 9中国版は激安価格で予約受付開始【ヨーロッパ向けより30%安い】

グローバル向けにも発売が決まっているRedmi 9ですが、中国版の予約も同時に始まっています。Redmi 9はRedmiシリーズで最安価格のエントリーモデルスマートフォンです。

うん、知ってた…。 先日スペックと価格が全て明らかになってしまったRedmi 9がXiaomiスペインの公式アカウントで発表さ...

中国版の気になる価格は1.2万円から

中国国内ですでに始まっているRedmi 9の予約ですが、価格は799元(約1.2万円)からとなっています。

  • 3GB+32GBバージョン:799元(約1.2万円)
  • 4GB+128GBバージョン:999元(約1.5万円)
  • 6GB+128GBバージョン:1199元(約1.8万円)

先に明らかになったスペインでの販売価格は、3GB/32GBモデルが149ユーロ(約18,200円)、4GB/64GBモデルが179ユーロ(約22,000円)なので、30%前後安くなっています。

Helio G80・Type-C・FHD+ディスプレイなど盛りだくさん

Redmi 9はRedmiシリーズのエントリーモデルとして発表がされていますが、他社の同レベル帯の製品とは比べ物にならない盛りだくさんのスペックが特徴です。

ディスプレイは6.53インチのFHD+、チップセットにMediaTek製Helio G80を搭載します。内蔵メモリは4GB~6GB、内蔵ストレージは32GB~128GBと余裕のあるスペック構成です。カメラもクアッドカメラとなっており、超広角レンズやマクロレンズなどを含んでいます。

グローバル版がMIUI 11だったのに対し、中国版のソフトウェアは最新のMIUI 12(Android 10)が標準で採用されています。

また、グローバル版ではWi-Fiが2.4GHzのシングルバンド対応でしたが、今回の中国版では2.4GHzと5.0GHzのデュアルバンドに対応しているなどの違いもあります。

端子とディスプレイが強み

コストパフォーマンスで評価が高いRealmeのCシリーズでさえ、USB Type-C端子とFHD+ディスプレイの二つの点はおさえることができていません。二点はRedmi 9の最大の強みとなるでしょう。

Xiaomi Redmi 8は2019年10月に発売されたスマートフォンで、低価格であるにもかかわらず5000mAhものバッテリー性...

Source: Xiaomi

フォローする

Writer

Sekey
日本ミッドレンジスマホ推進協会の会長をやってます(笑)

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.06.25 18:36 ID:155d6d25c 返信

    type-cとmicroでどんだけコストが変わんのかね

  2. 匿名 2020.06.25 20:14 ID:4d01e9c9a 返信

    1ドル違いだとしても何万個も生産すればかなり違ってくると思いますよ

  3. 匿名 2020.06.25 20:26 ID:bf4063bd6 返信

    最近のXiaomiスマホの中国版はBLUできない端末もあるみたいなので、誰かがBLUしてグロROM焼けたと報告するまでは様子見しといた方がいいかも

    • 匿名 2020.06.25 21:37 ID:0b8930f2c 返信

      え、マジでそんなのあるん?

    • 匿名 2020.06.25 23:35 ID:8a30c90cb 返信

      mi10シリーズとk30シリーズは全部BLUできたよ 他の最近のやつは知らん

    • 匿名 2020.06.26 15:03 ID:331570574 返信

      そんな報告は聞いたことない
      ソース出せよ