実機レビュー:Redmi Note 9T 5G【優れたカメラ性能】

Redmi Note 9T 5Gは2021年1月に発売されたスマートフォンで、6.53インチディスプレイやDimensity 800Uを搭載しているのが特徴です。

投稿してくださった25suouga様、ありがとうございました。

Redmi Note 9T 5Gのスペック概要

基本スペック
ディスプレイ6.53インチ, 1080 x 2340, IPSディスプレイ, 395ppi
サイズ161.9 x 77.3 x 9.1mm, 199g
システム
OSAndroid 10
SocMediatek Dimensity 800U
CPUCortex-A76 x2 + Cortex-A55 x6 8コア, 2.4 GHz
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ 64GB / 128GB,  microSD最大【※排他仕様かどうかは不明】-GBまでSIM2スロットを使用
カメラ
メインカメラ 48 + 2 + 2MP, F値/1.79, トリプルカメラ, LEDフラッシュ, PDAF
前面カメラ 13MP, F値/2.25
センサ類 指紋認証センサ, 加速度センサ, 近接センサ, ジャイロ, コンパス
機能防水 防滴, イヤホンジャック あり
バッテリーType-C, 5000mAh
https://telektlist.com/smartphone_info/xiaomi-redmi-note-9t-5g/

購入について

購入の決め手

カメラの性能が良く、安かったから

購入場所・購入時期・購入価格

購入場所:AliExpress
購入時期:2020年1月
購入価格:クーポンで約1万9,000円

購入モデル

グローバル版、メモリ4GB、ストレージ64GB、本体色パープル

化粧箱・付属品

高級感のある箱で、しっかりしています。

中に入っていたのは本体とガイドブック、充電器、コード、SIMピン、専用のスマホケースです。

本体デザイン

背面はプラスチックで、少々ザラザラしています。指紋や汚れが目立たないので嬉しいです。

背面の真ん中にカメラが4つあるので、スマホリング等のアクセサリーは使いづらくなるかもしれません。画面が大きく、少々重たさを感じます。

ディスプレイ

発色は問題ありません。他のスマホと比べるとほんの少し青みがかった印象を受けますが、気になるほどではありませんでした。

ソフトウェア・アプリ

ホーム画面は、Androidの中でもシンプルで使いやすいです。アイコンデザインも分かりやすく、使いやすいです。

フォトギャラリーも簡単にズームやスワイプができて便利でした。わざわざアプリを入れなくても、簡単な補正やフィルター、書き込みなどができるので楽です。

動作・ゲーム性能

普段からやっている音ゲーを入れました。ゲーム中に3Dモデルが動くのでかなり重いアプリなのですが、動作はサクサクなめらかに動きます。

カメラ性能・写真サンプル

近距離の植物と、遠距離の空の写真を撮りました。

かなり鮮明な写りで、ある程度の距離でも葉脈がハッキリと映る程です。遠距離もかなりズームが効くので便利です。

スピーカー・音質

値段なりで、可もなく不可もなくという印象を受けます。

電池持ち・充電速度の印象

大容量バッテリーを搭載しており、バッテリー持ちは良いかと思います。

まとめ

良い点

・カメラの性能がとても良い
・動作が軽快
・画面が大きく見やすい

気になる点

・カメラの彩度がやや低い
・初期アプリが多すぎる
・カメラの位置

全体的な感想

2021年1月時点で約2万円。カメラ性能や動作は優れています。ただ重さがあるので、長時間の操作は疲れるかもしれません。

また、背面中央にカメラがあるため、スマホリングが使いにくいというデメリットもあります。

評価:4点/5点満点

価格・購入先

Redmi Note 9T 5Gの 4 GB/ 64 GB モデルの発売時の価格は日本円で約 25,000円でした。購入時の参考にどうぞ。

現在、通販サイトでの購入が可能です。

その他実機レビューはこちら

フォローする

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します