OPPO F19s発表【スナドラ662搭載の薄くて軽いスマホ】

OPPO F19sがインド国内向けに正式発表されました。同機種は本体の薄さやバッテリー周りの強さがアピールされたミッドレンジスマホであることが特徴です。なお、インド国内ではOPPO F19シリーズはすでに三機種が展開されており、それに後から加わるラインナップということになります。

OPPO F19 ProとPro+ 5Gがインドで発表されました。F19 ProとF19 Pro+ 5G共にAMOLEDディスプレイ...

ゴールドカラーが映えるOPPO F19sが登場

OPPO F19sは6.43インチのFHD+解像度のAMOLEDを搭載します。チップセットにはSnapdragon 662が採用されたミッドレンジスマホとなっており、6GBの内蔵メモリと128GBの内蔵ストレージを備えています。

OSはAndroid 11をベースとしたOPPOによる最新のColor OS 11.1であるほか、USB Type-Cの搭載やBluetooth 5.0対応なども特徴となっています。

カメラについては、リアカメラは48MP(f/1.7)、2MP (f/2.4) のマクロセンサー、2MP (f/2.4) の深度センサーで構成されるトリプル仕様です。フロントは16MP (f/2.4)であり、ディスプレイの左上にパンチホール型カメラとして配置がされています。

今回発表のモデルはバッテリー面に強みがあり、5,000mAhというバッテリー容量と33Wの超高速充電に対応した点が魅力です。これほど大容量のバッテリーを搭載していながら、本体の厚みは7.95mmまで抑えられていることが特徴です。インド市場では本体が薄いかどうかもポイントとして見られる傾向があり、この点はアピールポイントとなるでしょう。重量についても175gと軽量に出来上がっています。

カラーバリエーションはゴールドとブラックの二色が展開されます。インディスプレイ指紋センサーの採用によってバックパネルは非常にすっきりと仕上がっており、どちらのカラーもとても美しく感じられるでしょう。ゴールドカラーはOPPOのラインナップでは珍しいチョイスであり、その意味でも奇抜なカラーが注目を集めると予想されます。

OPPOのミドルレンジシリーズ、Kシリーズ最新モデルのOPPO K9 Proが正式発表。Dimensity 1200をSoCに採用し...
東南アジアや中国で強い存在感を見せるOPPO。2018年2月にR11sというセルフィーカメラ性能が目玉の高価格スマホを持って日本市場...

Source: OPPO

フォローする

Writer

Sekey
Twitterでフォロワー募集中です。 アジアのガジェットネタをつぶやく予定です。 Sekey @sekeysm https://twitter.com/sekeysm

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2021.09.28 12:41 ID:db29ae006 返信

    SD662……液晶解像度……うっ、頭が……

    • 匿名 2021.09.28 12:54 ID:db29ae006 返信

      CHUWI HIPad Proのことを言いたいんだろうけどFHD+は全然問題ないんだよなぁ…

      • 匿名 2021.09.28 13:20 ID:db29ae006 返信

        HiPad Proとかいういろいろグレーな製品なw
        あれ下手したら訴えられかねんぞ
        商品名もそうやし、プレゼンが酷すぎる

      • 匿名 2021.09.28 14:16 ID:db29ae006 返信

        HIPadじゃねえHiPadだ2度と間違えるな

  2. 匿名 2021.09.28 12:46 ID:db29ae006 返信

    SD660系も息長いよなぁ

  3. 匿名 2021.09.28 14:12 ID:bb39671dd 返信

    660 665 662 バランス的に傑作チップの一つなんだろうけどいつまで使われるんだろうね

  4. 匿名 2021.09.28 21:46 ID:bb39671dd 返信

    コメント欄閉鎖しろコメント欄閉鎖しろ
    コメント欄閉鎖しろコメント欄閉鎖しろ