Nokia X6が中国以外で発売されるかどうかはユーザー次第?

最強コスパのNokia X6は現時点では中国国内限定のモデルですが、このNokia初のノッチ有りスマートフォンが海外でも大きな注目を集めた結果、Nokiaのブランドを保持しているHMD Globalはグローバル版の発売も検討しているようです。

この情報は、フィンランドのNokiaと同じビル内に本社を置くHMD Globalの最高端末責任者、Juho Sarvikas氏がTwitterでNokia X6を海外でも発売するべきかどうか投票を呼びかけたことが発端です。


結果は一目瞭然。9割以上のユーザーが「中国以外でも発売してほしい」に投票しています。まあどんなスマートフォンでも発売されるに越したことはありませんから投票結果は当然といえば当然ですが、投票者が8000人を超えることはNokia X6の注目度の高さを物語っています。

Nokia X6がどのようなスペックなのか軽く触れておきましょう。Nokia X6は5.8インチ、アスペクト比19:9の1080 x 2280 FHD+ディスプレイを搭載している端末で、スマートフォンの頭脳とも言えるチップセットはAntutuベンチマーク10万超えのパワフルなSnapdragon 636。メモリは4GBもしくは6GBと必要十分。容量は32GBと64GBの二種類で、microSDカードを増設できます。フロントのデュアルカメラは16+5MPで、前面カメラは16MP。

これが中国では日本円で約2万3000円で発売されるというのですから、海外で発売してほしいというユーザーの希望はもっともです。

既に中国ではNokia X6の事前予約が始まっており、5月21日からJD.comとSuningにて販売が開始されます。中国版もAliexpress等を通して購入ができるようにはなると思われますが、中国版はGoogle Play等各種Googleアプリがプリインストールされていないので、日本で使用するにはカスタマイズが必要となります。

グローバル版が出ることは、入手可能性の面からも、ソフトウェアの適合性からも世界中のファンにとって望ましいことです。果たしてHMD Globalはユーザーの意見を受けて、Nokia X6をグローバルで発売するのでしょうか?

Source: @sarvicas