MotorolaがG Stylus/Power/Playシリーズ最新機を発表【日本でも発売か】

Motorolaが、先日リークのあったMoto G Stylus(2021)含め、Moto G Power、Playシリーズよりそれぞれ新機種を発表。Gシリーズということもあり全てミッドレンジ機となっていますが、中でもMoto G Stylus(2021)は、その名の通り収納可能のスタイラスペンを搭載しているのが特徴です。

スタイラスペン付きスマホと言えば、サムスンのGalaxy Noteシリーズが有名ですが、LGなどの競合他社も同様の機種を発売していま...

Moto G Stylus(2021)

  • Snapdragon 678
  • 6.8インチ1080p(20:9) IPSディスプレイ(パンチホール)
  • 4GB RAM + 128GB ROM
  • 4,000mAhバッテリー、10W有線充電対応
  • 側面指紋認証
  • リアカメラ:48MPメイン(f/1.7 4K30FPS、1080p60/30FPS)+8MP超広角(118° f/2.2 1080p30FPS)+2MPマクロ(f/2.2 720p30FPS)+2MP深度
  • インカメラ:16MP(f/2.2 1080p/30FPS)
  • イヤホンジャック
  • microSDカード対応(最大512GB)
  • スタイラスペン
  • 169.8×77.9×9mm、213g

SoCにSnapdragon 678を搭載し、48MPメインや8MP超広角レンズと近年のミドルレンジ機におけるスタンダードといえるスペック。ただ、やはりその何よりの特徴はスタイラスペンを搭載している点、そして6.8インチもの巨大ディスプレイと言えるでしょう。

カラーはオーロラホワイト、オーロラブラックの2色のみで、お値段299.99ドル(約3.1万円)。1月13日より販売開始となっています。

Moto G Power(2021)

  • Snapdragon 662
  • 6.6インチ720p(20:9) IPSディスプレイ(パンチホール)
  • 3/4GB RAM + 32/64GB ROM
  • 5,000mAhバッテリー、15W有線充電対応
  • 側面指紋認証
  • リアカメラ:48MPメイン(f/1.7 1080p60/30FPS)+2MPマクロ(f/2.4 720p30FPS)+2MP深度(f/2.4)
  • インカメラ:8MP(f/2.0 1080p/30FPS)
  • イヤホンジャック
  • microSDカード対応(最大512GB)
  • 165.28×75.9×9.49mm、206.5g

上記のMoto G Stylusよりディスプレイやカメラなど多くの点でスペックダウンとなるも、バッテリーは1,000mAh増加し5,000mAhとなるなど、差別化が上手くできているモデルといったところでしょうか。

カラーはフラッシュグレー、ポーラーシルバーの2色のみで、価格は32GB ROMモデルが199.99ドル(約2.1万円)、64GB ROMモデルが249,99ドル(約2.6万円)。こちらも1月13日より販売開始です。

Moto G Play

  • Snapdragon 460
  • 6.5インチ720p(20:9) IPSディスプレイ(ノッチ)
  • 3GB RAM + 32GB ROM
  • 5,000mAhバッテリー、10W有線充電対応
  • 背面指紋認証
  • リアカメラ:13MPメイン(f/2.0 1080p60/30FPS)+2MP深度(f/2.4)
  • インカメラ:5MP(f/2.2 1080p/30FPS)
  • イヤホンジャック
  • microSDカード対応(最大512GB)
  • 166.59×75.99×9.36mm、204g

今回発表された3機種の中で一番低いスペックとなり、RAMストレージやカメラなどは最低限のものに。ただ、その中でもバッテリーが5,000mAhと比較的大容量な点が購入者には嬉しいポイントでしょうか。

カラーはミスティブルーの1色のみで、お値段169.99ドル(約1.8万円)。こちらも他2機種同様1月13日から販売開始となっています。

今回上記3機種が発表されたのはアメリカで、日本での発売に関しては現状不明となっています。ただ、Motorola日本はスタイラスペン付きスマホ、moto g pro含めミドルレンジ機をコンスタントに発売しており、公式Twitterアカウントでは「今後の進化にもご期待ください」とも述べていることから発売の可能性は十分にあると言えるでしょう。

写真はMotolora Edge+ ここ数年、MotorolaはGシリーズやXシリーズなどミドルレンジ帯スマートフォンに注力していまし...
10月30日よりOCNモバイルONEにてmoto g PRO/moto g9 playの取扱いが開始されています。 両...

Source:Motorola(1), (2), (3)

フォローする

Writer

Kohei
Vivo X60シリーズが気になる

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2021.01.11 13:21 ID:35c7eca55 返信

    Lenovo傘下なのが最高にマイナスポイント
    それ以外は完璧なのになぁ…

    • 匿名 2021.01.11 18:18 ID:9be35a433 返信

      Lenovo傘下よりむしろスペックの方では

  2. 匿名 2021.01.11 13:24 ID:9c4dfde93 返信

    売る気あんの?これ

  3. 匿名 2021.01.11 13:47 ID:b64cae427 返信

    678か、せめて720くらい載せないと。
    10W有線充電 ????
    背面のMマークが泣いてるぞ

    • 匿名 2021.01.11 18:09 ID:be8da733c 返信

      675とほぼ変わらんのよな

  4. 匿名 2021.01.11 16:14 ID:e88cb1fdf 返信

    せめてちゃんとしたスタイラスにしてくれ・・・
    本体収納できてもただのタッチペンじゃ意味無いんだよ
    サムスンみたいにワコムEMRとまではいわんが
    LGと同じようにワコムAESにしてペン別売りならコストもそう上がらんだろ

  5. 匿名 2021.01.11 20:03 ID:7ebe0c6e8 返信

    スナドラ480のっけてくるかと思ったらまだなんかい