次期Motorola Edgeシリーズ機はSnapdraon 778G/870を搭載か

画像はMotorola Edge:Motorola

Snapdragon 870を搭載しコスパに優れたモデル、Motorola Edge Sが記憶に新しいMotorola Edgeシリーズですが、同シリーズの新機種と見られるいくつかのモデルの一部スペックがリーク。

Snapdraon 778GおよびSnapdragon 870搭載と見られており、昨年のMotorola EdgeEdge+の後継機となり得るスペックとなっています。

以前より公式によりティザー活動が行われていたMotorola Edge Sが正式発表。Snapdragon 870を搭載しそのお値段...

Berlin/Berlin NA

BerlinおよびBerlin NAとのコードネームが付けられたモデルは、前者がヨーロッパ、後者が北米(North America)向けに発売されるとされており、リークされたそのスペックは以下の通り。

  • Snapdraon 778G
  • 6/8GB RAM + 128/256GB ROM
  • リアカメラ:108MPメイン(ISOCELL HM2)+16/8MP超広角兼マクロ(OV16A10/S5K4H7)+8/2MP望遠/深度(OV08A10/OV02B1B)
  • インカメラ:32MP(OV32B40)

ヨーロッパ、北米向けではそれぞれSoCやメインレンズは変わらないようですが、その他のカメラ構成において、前者は16MP超広角+8MP望遠である一方、後者は8MP超広角+2MP深度と、少々異なっているようです。

カラーは、エメラルド(グリーン)、スタウト(ブラウン)、ホワイトの3色展開となるとされています。

Pstar

コードネームPstar、モデルナンバーXT2153とされる機種はヨーロッパ及び中国で販売されるようで、そのスペックは以下の通り。

  • Snapdraon 865 or 870
  • 6/8/12GB RAM + 128/256GB ROM
  • リアカメラ:108MPメイン(ISOCELL HM2)+16MP超広角兼マクロ(OV16A10)+8MP望遠(OV08A10)
  • インカメラ:32/16MP(OV32B/OV16A1Q)

スペックから見るには、前述のBerlinの上位モデルのようですが、インカメラはヨーロッパ向けが32MP、中国向けは16MPとなるとされています。

またカラーは、ブラック、ブルー、ホワイトの3色展開とのこと。

Kyoto

我々に一番馴染みのあるコードネーム、Kyotoとされる機種はリークされた機種の中で一番安いモデルとなるとのこと。

その搭載SoCは不明ですが、カメラ構成は以下の通りとされています。

  • リアカメラ:108MPメイン(ISOCELL HM2)+8MP超広角兼マクロ(S5K4H7)+2MP深度(OV02B1B)
  • インカメラ:32MP(OV32B)

発表時期は今後数ヶ月以内と噂されているも、詳しい情報は不明。参考までに、初代Motorola Edge、Edge+は昨年の4月末に発表されています。日本投入なども含めて、今後の続報に期待ですね。

モトローラ・モビリティ・ジャパンは5月13日、moto g100を発表しました。2021年5月28日に発売する予定。公式ストアでの価...
今年のMobile World Congress(MWC)の中止とともに発表が延期されていたMotorola Edge+およびMot...

Source:TechnikNews Via:GIZMOCHINA

フォローする

Writer

Kohei
基本的に新機種発表会は生放送視聴して、なるべく早く記事をお届けできるようにしています。スマホの他にはオープンワールドゲームやEDMが好きです。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. アメンマン_ファーストコメンテーター 2021.06.21 22:07 ID:d750a1706 返信

    モトローラなんかもう終わりだよ もう社会復帰無理だね。ガラガラ時代に調子乗ったのがアホなんだよ。「ガラガラがまだ売れるからスマスマなんて要らないっしょ〜」なんて考えてたモトローラは嫌いだから使わないし。中華は終わった国だし。AQUOSしか使わん(Xperia好きですよ〜」