Moto G Play(2021)がGoogle Playコンソールに登場

低価格から高価格まで幅広くの機種を日本を含めた全世界で展開しているMotorolaですが、その新機種となるMoto G Play(2021)がGoogle Playコンソールに登場をしました。Moto G Play(2021)は名前の通り、今年ではなく来年の2021年に正式発表がされる見込みとなっています。

Moto G Play(2021)は、ネーミングから推測するに、日本でも発売されたMoto G9 Playの後継機となりそうです。従って、発売される最には”Moto G10 Play"のようなモデル名になっているかもしれません。そして、日本発売の可能性も十分ありそうです。

モトローラ・モビリティ・ジャパンから、ミドルクラス市場向けの新機種moto g9 playとmoto g PROが10月30日に発売...

スナドラ460搭載のエントリーモデルか

今回Google Playコンソールに登録された情報によると、Moto G Play(2021)のディスプレイには720x1600のHD+のものが採用されるということですが、サイズは不明です。なお、ディスプレイ上部には水滴型のノッチが配置され、全体のベゼル幅も薄く抑えられているもようです。

OSはAndroid 10を標準で搭載することも判明しています。本体の外観は詳しく見れませんが、正面から見た図からは電源ボタンと音量ボタンが右側に配置されていることが確認できます。

Google Playコンソールの情報とは別に、過去にはチップセットにSnapdragon 460が搭載され、内蔵メモリが3GBになるということがリークされています。残るのは、本体の詳しい見た目やカメラスペック、端子類などの情報になるでしょう。Moto G Play(2021)の正式発表が待たれます。

なお、Moto G Play(2021)の前世代のモデルらしきMoto G9 PlayのSIMフリー版の定価は24,800円(税込)で、OCNモバイルONEのセール価格で8,800円(税込)でした。Moto G Play(2021)もSnapdragon 460搭載機だとすると、日本発売時は似たような価格設定となるでしょう。

Motorolaによる新機種としてMoto G10 PlayがGeekbenchに登場しました。アジアより欧州地域をターゲットにして...
10月30日よりOCNモバイルONEにてmoto g PRO/moto g9 playの取扱いが開始されています。 両...

Source: MySmartPrice

フォローする

Writer

Sekey
Twitterでフォロワー募集中です。 アジアのガジェットネタをつぶやく予定です。 Sekey @sekeysm https://twitter.com/sekeysm

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.12.26 18:30 ID:f758291ca 返信

    画面解像度さえどうにかしてくれればマジで欠点のないスマホメーカーなんだけどなぁ…
    やっぱり、素のAndroidは電池食いだからディスプレイ削ってんのかね

    • 匿名 2020.12.26 18:31 ID:f758291ca 返信

      それだったらAQUOSsenseシリーズの電池持ちが異様にいい事の説明がつかないし、謎が深まる

    • 匿名 2020.12.26 19:34 ID:d7392008f 返信

      ただのコストカット

    • 匿名 2020.12.26 21:00 ID:038d0e039 返信

      サポート面が糞すぎる。
      平気で嘘をつく。

  2. 匿名 2020.12.27 08:55 ID:7e4dfeba2 返信

    665から460に下がるの? それよりはeシリーズとして出る方がありそうなのに 

    どっちにしてももう460で二万以上は高いんじゃないか