アメリカにおけるiOSのシェアがじわりと上昇【第一四半期は44%に】

Consumer Intelligence Research Partnersによるアメリカ国内のOSシェア調査の結果、2020年第一四半期でのiOSのシェアが過去四年間で最高の44%を記録したことが明らかになりました。

2016年から下降傾向にあったが持ち返す

2020年第一四半期になって44%までとなったアメリカ国内のiOSシェアですが、2016年同時期から順調に上がっていったというわけではありませんでした。

2016年同時期では40%ちょっとだった数字が2017年になり40%を下回っています。過去には30%近くまで国内シェアを落とした時期もあったAppleですが、最終的に44%に落ち着きました。

iOSシェア回復の要因

2018年に一度落ち込んだシェアを回復できた要因はiPhone XRのヒットがあるでしょう。また、2019年になってからiPhone 11シリーズも発売しており、それらの成功が数字に反映されていると予想ができます。

iPhone 11じゃなくてiPhone XRなんですね。 前回、Appleの収益性の高さを示したCounterpointが新...

米国市場での最大のライバルであるサムスンは、フラッグシップモデルのGalaxy S20シリーズの不振が伝えられています。また、世界市場においてシェア二位の地位を競っているHuaweiも、米政府からの制裁などで壁にぶつかっています。ライバルの躓きも、Appleにとって追い風となっています。

アメリカの大手ECサイトのAmazon.comとベストバイでは、サムスンの最新スマートフォンGalaxy S20とS20+が、早くも...
2020年2月におけるHuaweiのスマホの出荷台数が伸び悩んでいるようです。調査会社Strategy Analyticsのリサーチ...

iOSユーザーの多くがiOSを気に入っている

Consumer Intelligence Research Partnersは同時にAndroidとiOSそれぞれのユーザーのロイヤリティ調査も行っています。

ユーザーのOSへのロイヤリティはどちらも高く安定しているものの、iOSの方がやや高いという状況が毎年続いています。AppleもAndroidスマートフォンメーカー各社もユーザーの奪い合いをしていますが、どちらも数字は大きく変わらずにいます。

ロイヤリティが高いほど、次回の購入するスマートフォンでも同じOSを選ぶ動きが増えるということになります。

香港の調査会社CounterPointによる、2019年第4四半期(Q4)世界スマホシェア(出荷台数ベース)統計が発表されました。A...
アメリカに本社を置くIT専門調査会社IDCが発表したレポートで、2019年Q1のスマートフォンマーケットのメーカー別世界シェアが明ら...

Source: Consumer Intelligence Research Partners

フォローする

Writer

Sekey
Galaxy A50sからA51に機種変更しました

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.04.17 18:31 ID:98603f074 返信

    HUAWEI締め出しただけの効果あったなアメリカ
    セコいと感じてしまう…

    • 匿名 2020.04.17 18:33 ID:984831011 返信

      元々Huaweiのシェアなんかほとんどなかったぞ。
      Appleとサムスンで90%くらいあるからな。

      • 匿名 2020.04.17 18:38 ID:2f39abfa5 返信

        それな。
        ハーウェイのシェア高かったのってヨーロッパと中国じゃないのか?
        アメリカではモトローラやノキアが強い(と思う)

    • 匿名 2020.04.17 20:06 ID:727ab3924 返信

      ファーウェイアメリカじゃ売ってなかったよ

  2. 匿名 2020.04.17 18:48 ID:246c5dd81 返信

    アメリカのスマホシェアはアップルとサムスンとLGの3社で寡占状態だから

  3. 匿名 2020.04.17 19:13 ID:c0fbca7ad 返信

    一方日本ではじわじわ下がっていってる

    • 匿名 2020.04.17 19:45 ID:96d964c83 返信

      SE 第2世代が発表されたから少しは変わるかもしれない

  4. 匿名 2020.04.18 00:45 ID:35ddcfe65 返信

    最近日本でのシェアも落ちぎみだけど、iPhoneSEで回復するかもね。あのcpuが搭載されててあの価格なら一般ウケはよさそう。

    • 匿名 2020.04.18 06:06 ID:6bf82935c 返信

      一般人にはSoCなんか関係ないけどな
      デカくて重くて顔認証の11か小さくて軽くて指紋認証の8だったのがSEに代わっただけ
      普通の人はそんぐらいしか見てない

      • 匿名 2020.04.18 08:59 ID:354935992 返信

        実際iPhoneユーザーの8割はsocの変化とか分からないと思う

        性能の進化も新しいのカメラ強いらしいぐらいしか認識してなさそう

        • 匿名 2020.04.18 15:32 ID:311f5b28b 返信

          日本だと「新しくて値段も安いiPhone!いいね!」って受け止め方が大半だろうね。一般層が求める一通りの機能(オサイフ防水ポートレートモード)はあるんで特別困ることもないし

    • 匿名 2020.04.18 18:14 ID:4031e0237 返信

      8とほぼ同じと言ってもサポート最新で定価が3万下がったのは大きい

  5. 匿名 2020.04.18 00:46 ID:fe28a5605 返信

    やっぱり2018年は凶作だったんだな…

  6. 匿名 2020.04.18 08:23 ID:d2ac79800 返信

    12でどうなるか

  7. 匿名 2020.04.18 16:02 ID:24a2be7c3 返信

    Androidと違って地雷端末がほぼないからな
    製品の長く使えるしね

    • 匿名 2020.04.18 23:35 ID:5f90ea568 返信

      iPhone5c「ワイらは」
      iPhoneSE(1st)「許されたのか…?」

      iPhone4「と販売台数ワーストたちが言っています。」

      • 匿名 2020.06.03 22:08 ID:046def60a 返信

        魅力がないから売れなかっただけで別に地雷端末ではないよね
        その時代は端末補助でフラグシップが安く買えてたからわざわざ廉価版なんて買う人もいなくて売れなかっただけ

  8. 匿名 2020.04.19 01:48 ID:7a4c9a7a6 返信

    2018年のシェアが興味深い。
    この年の3月の最新版iPhoneは、iPhoneX。
    やはり最初は受け入れられなかったってことかな?
    また盛り返しているところを見ると、ノッチにユーザーが慣れた、もしくはAndroidもノッチになっちゃってそこは選ぶポイントではなくなった、ってどこだろうか。

    消費者は気まぐれだねえ、これは相手するベンダーも大変だ