Xiaomi Mi 10 青春版が中国で発表。グローバル版Mi 10 Liteとの違いは?

27日、Xiaomiは中国で新型スマホのXiaomi Mi 10青春版(Mi 10 Youth)を発表しました。日本でもauから販売予定であるMi 10 Liteの中国版に相当しますが、一部仕様が異なります。

どんなスマホ?

基本的には、Mi 10 Liteと同じ仕様です。

SoCにSnapdragon 765Gを据え、繊細なAMOLEDディスプレイがノッチ付きで稼働しています。そしてもちろん、5Gに対応しているのが魅力です。auの5Gスマホ第一弾のラインナップとして採用されたスマホですからね。

テレクトリストのスマホスペック比較ページでも確認できるのですが、どうやらMi 10 LiteとMi 10青春版は少しだけ仕様が異なるようです。

Mi 10 青春版はMi 10 Liteのズームカメラ強化版

まず、カメラ機能がアップグレードしています。

Mi 10 Liteのカメラ構成は48MP(広角)+8MP(超広角)+5MP(マクロ)+2MP(深度)というクアッド構成でしたが、Mi 10 青春版ではマクロレンズがズームレンズに置き換わり、さらに5MPから8MPへと画素数もアップしています。まとめると、Mi 10 青春版のカメラ構成は48MP(広角)+8MP(超広角)+8MP(ズーム)+2MP(深度)ということになります。

ズームレンズの倍率は光学5倍と、そこそこの高倍率です。48MPセンサーのクロップによるハイブリッドズームで最大50倍までの撮影に対応しているようです。

ちなみに、カメラサンプルを見ると透かしの表示名は「Mi 10 Lite ZOOM」となっています。Mi 10 LiteとMi 10 Lite ZOOM、それぞれの名前でグローバルでも展開されるでしょうか。まあ、それはなさそうです。

カラバリが多い

Mi 10 青春版ではカラーバリエーションもMi 10 Liteより多めです。グリーンやオレンジカラーはとってもキュート。

Mi 10 Liteではブラック、ブルー、ホワイトのみでした。

その他ごく細かい仕様も一部異なる様子

これら以外にも、いくつかごく細かい部分で仕様が異なってきます。

例えばバッテリーは、Mi 10 Liteが4160mAhであるのに対してMi 10 青春版は4060mAhと少しだけ少なめ。関係があるのかは分かりませんが、充電速度も最速で22.5Wと、Mi 10 Liteの20Wより少しだけ速くなっています。

また、基準の問題であるかもしれませんが、本体の寸法も多少異なるようです。さすがに細かすぎる話になりますので、気になる方はご自身で調べてみてください。Mi 10 Liteの方が少し厚く、縦長になっています。

Source:Xiaomi

フォローする

Writer

sekken
Pixel 4a 5G or iPhone 12、買うタイミングを完全に逃す Twitterフォローしてね:@sekkenthewriter

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.04.28 12:17 ID:1efda0225 返信

    5G、有機EL、光学5倍で3万円台とか安すぎるやろ
    WiFiがn,acに対応してないのが悲しい

  2. 匿名 2020.04.28 16:47 ID:284f543c0 返信

    カメラのセンサーがサムスンでもSONYでもないってのが大きな違いかと