【2019/05】主要MVNO7社を徹底比較! 各格安SIMのメリット&デメリット

格安SIMを提供しているMVNOはたくさんあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。各MVNOのメリットとデメリットを理解しておかないと、かえって損してしまうことになりかねません。

今回は、格安SIMへの乗り換えを検討している人や格安SIM内で乗り換えを検討している人のために、主要MVNO 7社の基本情報とメリット&デメリットをまとめてみました。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、国内格安SIM業界の老舗中の老舗です。音声通話プランがリーズナブルで、エンタメ系アプリの通信量がカウントされないお得なオプションを提供しています。キャリアと遜色ない品質とサービスを提供している格安SIMを探している人におすすめです。

運営会社 ビッグローブ株式会社
プラン データ通信専用SIM 3GB 900円
6GB 1,450円
12GB 2,700円
20GB 4,500円
30GB 6,750円
データ通信+SMS 3GB 1,020円
6GB 1,570円
12GB 2,820円
20GB 4,620円
30GB 6,870円
音声通話SIM 1GB 1,400円
3GB 1,600円
6GB 2,150円
12GB 3,400円
20GB 5,200円
30GB 7,450円
データ通信容量追加料
(税抜き)
300円/100MB
回線の種類 ドコモ/au
即日開通対応店舗 248店舗

メリット

○通信速度が早い
○通話関連のオプションが充実している
○人気の動画見放題サービスや音楽聴き放題サービスの通信量がカウントフリーになるオプションがある
○口座振替に対応している

デメリット

×カウントフリーオプションに加入すると、YouTubeでの高画質再生ができなくなる
×高速通信容量の追加料金が割高
×データ通信専用SIMはドコモ回線のみなので選択肢がない

楽天モバイル

楽天モバイルは、リーズナブルな料金と充実したサービスが人気を集め、近年着実にシェアを伸ばしているMVNOです。2019年10月から自社回線に以降し、大手キャリアに仲間入りすることが発表されました。料金や通信速度などがどうなるかは未知数なので、今後の続報に注目しましょう。

運営会社 楽天コミュニケーションズ株式会社
プラン データ通信専用SIM

ベーシック
プラン
525円
3.1GB 900円
5GB 1,450円
10GB 2,260円
20GB 4,050円
30GB 5,450円
データ通信+SMS

ベーシック
プラン
645円
3.1GB 1,020円
5GB 1,570円
10GB 2,380円
20GB 4,170円
30GB 5,520円
音声通話SIM ベーシック
プラン
1.250円
3.1GB 1,600円
5GB 2,150円
10GB 2,960円
20GB 4,750円
30GB 6,150円
データ通信容量追加料
(税抜き)
980円/1GB
550円/500MB
300円/100MB
回線の種類 ドコモ/au
※2019年10月から
自社回線に移行
即日開通対応店舗 489店舗

メリット

○即日開通対応可能な店舗が多い
○楽天ポイントで支払いができる
○口座振替に対応している
○通信速度は常時低速ながら通信容量の上限がないプランが用意されている

デメリット

×途中で回線変更ができない
×データ通信専用SIMはドコモ回線のみ
×高速通信容量の追加料金が割高

ITライターの森野が楽天モバイルの各項目を5段階評価でレビューしてみました。楽天モバイルの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

UQモバイル

ユニークなCMでお馴染みのUQモバイルは、通信速度の速さと品質の高さを売りにしています。通信速度は24時間安定しているので、混み合う時間帯でもストレスなく利用できるのはユーザーとしても嬉しい限りです。常時500kbpsの低速に制限されるものの、通信容量が無制限になるデータ無制限プランは他社よりもかなりリーズナブルな価格に設定されています。

運営会社 UQコミュニケーションズ株式会社
プラン データ高速 3GB 980円
データ高速+音声通話 1,680円
データ無制限 通信容量無制限 1,980円
データ無制限+音声通話 2,680円
データ通信容量追加料
(税抜き)
200円/100MB
500円/500MB
回線の種類 au
即日開通対応店舗 約2,700店舗

メリット

○即日開通対応可能な店舗が多い
○通信容量の上限が無制限になるプランが用意されている
○音声通話SIMがリーズナブル
○通信速度が速い
○高速通信・低速通信の切り替えに対応している

デメリット

×au回線のみ
×音声通話SIMの2年縛りがある

mineo(マイネオ)

mineoは、3大キャリアの回線をいち早く提供開始したMVNOです。余った通信量を家族間で共有したり、友人にプレゼントしたりなど、シェア機能に特化したサービスを展開しています。複数契約すると1件につき50円月額料金が割引される「複数回線割」などの割引サービスも豊富です。

運営会社 株式会社オプテージ
プラン Aプラン シングルタイプ
(データ通信SIM)
500MB 700円
3GB 900円
6GB 1,580円
10GB 2,520円
20GB 3,980円
30GB 5,900円
デュアルタイプ
(音声通話SIM)
500MB 1,310円
3GB 1,510円
6GB 2,190円
10GB 3,130円
20GB 4,590円
30GB 6,510円
Dプラン シングルタイプ
(データ通信SIM)
500MB 700円
3GB 900円
6GB 1,580円
10GB 2,520円
20GB 3,980円
30GB 5,900円
デュアルタイプ
(音声通話SIM)
500MB 1,400円
3GB 1,600円
6GB 2,280円
10GB 3,220円
20GB 4,680円
30GB 6,600円
Sプラン シングルタイプ
(データ通信SIM)
500MB 790円
3GB 990円
6GB 1,670円
10GB 2,610円
20GB 4,070円
30GB 5,990円
デュアルタイプ
(音声通話SIM)
500MB 1,750円
3GB 1,950円
6GB 2,630円
10GB 3,570円
20GB 5,030円
30GB 6,950円
データ通信容量追加料
(税抜き)
 150円/100MB
回線の種類 ドコモ/au/ソフトバンク
即日開通対応店舗  236店舗

メリット

○ドコモ、au、ソフトバンク回線が揃っている
○余ったバケットを共有・譲渡できるシステムが充実している
○ユーザーコミュニティが充実しており、わからないことを気軽に質問できる

デメリット

×ソフトバンク回線はやや割高
×オプションサービスが多すぎてわかりにくい

格安SIM関連の書籍を多数執筆してきたライターの森野が、mineoの各項目を5段階評価でレビューしてみました。

OCNモバイルONE

インターネットプロバイダの老舗としても有名なOCNモバイルは、多様な通信容量に対応したプランを提供しています。OCNモバイルONEで購入した端末だけでなく、中古スマホの修理補償にも対応した、他社にはない魅力的なオプションを展開しています。使わなくなったスマホや中古ショップで購入したスマホなどを、サブ機として使いたい人に最適な格安SIMです。

運営会社 NTTコミュニケーションズ
プラン データ通信専用SIM
110MB(1日) 900円
170MB(1日) 1,380円
3GB 1,100円
6GB 1,450円
10GB 2,300円
20GB 4,150円
30GB 6,050円
データ通信+SMS
110MB(1日) 1,020円
170MB(1日) 1,500円
3GB 1,220円
6GB 1,570円
10GB 2,420円
20GB 4,270円
30GB 6,170円

音声通話SIM
110MB(1日) 1,600円
170MB(1日) 2,080円
3GB 1,800円
6GB 2,150円
10GB 3,000円
20GB 4,850円
30GB 6,750円
データ通信容量追加料
(税抜き)
540円/500MB
回線の種類 ドコモ
即日開通対応店舗 248店舗

メリット

○音声通話SIMの割引サービスが豊富
○高速通信・低速通信の切り替えに対応している
○口座振替での支払いに対応している
○全国8万箇所以上の公衆無線LANを無料で利用できる

デメリット

×ドコモ回線のみ
×料金が他社よりもやや割高

LINEモバイル

LINEモバイルは、メール・電話に代わるコミュニケーションアプリとしてお馴染みのLINEが運営しているMVNOです。LINEはもちろん、TwitterやFacebookなど人気SNSを利用する際の通信量がカウントされないSNSカウントフリーが組み込まれたプランが好評を博しています。LINEをよく使う人やSNSヘビーユーザーの人におすすめです。

運営会社 LINEモバイル株式会社
プラン データフリー
データ通信SIM 1GB 500円
データ通信+SMS 620円
音声通話SIM 1,200円
コミュニケーション
フリー
データ通信+SMS 3GB 1,110円
5GB 1,640円
7GB 2,300円
10GB 2,640円
音声通話SIM 3GB 1,690円
5GB 2,220円
7GB 2,880円
10GB 3,220円
MUSIC+ データ通信+SMS 3GB 1,810円
5GB 2,140円
7GB 2,700円
10GB 2,940円
音声通話SIM 3GB 2,390円
5GB 2,720円
7GB 3,280円
10GB 3,520円
データ通信容量追加料
(税抜き)
 500円/500MB
1,000円/1GB
回線の種類 ドコモ/au/ソフトバンク
即日開通対応店舗  635店舗

メリット

○ドコモ、au、ソフトバンク回線が揃っている
○即日開通対応可能な店舗が多い
○料金をLINE PayやPayPalで支払いできる
○LINE関連サービスとの相性が良い
○人気SNSの通信量がカウントフリーになるプランがある

デメリット

×データ通信SIM⇔音声通話SIMの変更ができない
×通信速度が他社よりもやや遅い
×専用のメールアドレスがもらえない

ITライターの森野がLINEモバイルの各項目を5段階評価でレビューしてみました。LINEモバイルの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

IIJmio(みおふぉん)

IIJmioは、キャリアから借りている通信回線に加えて自社で通信設備を整備しているので、データ通信の速さや安定性はMVNOの中でもトップクラスです。スタートプラン契約でSIM2枚、ファミリーシェアプラン契約でSIM最大10枚を配布してくれるので、家族と共有したり、他の端末に差し込んだりなど、使い道の幅が広がるのは嬉しい限りです。

運営会社 株式会社
インターネットイニシアティブ
プラン ミニマム
スタートプラン
(3GB)
データ通信SIM タイプD 900円
データ通信+SMS
タイプD 1,040円
タイプA 900円
音声通話SIM
タイプD 1,600円
タイプA
ライト
スタートプラン
(7GB)
データ通信SIM タイプD 1,520円
データ通信+SMS
タイプD 1,660円
タイプA 1,520円
音声通話SIM
タイプD 2,220円
タイプA
ファミリー
シェアプラン
(12GB)
データ通信SIM タイプD 2,560円
データ通信+SMS
タイプD 2,700円
タイプA 2,560円
音声通話SIM
タイプD 3,260円
タイプA
データ通信容量追加料
(税抜き)
200円/100MB
回線の種類 ドコモ/au
即日開通対応店舗 BIC SIMカウンター
イオン SIMコーナー
ASUS Store Akasaka
ヨドバシカメラ 通信なんでも相談カウンター
でんわ館

メリット

○通信速度が速い
○販売しているスマホの種類が豊富
○契約すると複数枚のSIMが配布される
○高速通信・低速通信の切り替えに対応している

デメリット

×即日開通対応店舗が少ない
×回線混雑時は著しく低速化する

まとめ

MVNOのメリットとデメリットを理解しておけば、自分のライフスタイルに合った格安SIMがきっと見つかります。気になったMVNOがあれば、まずは契約の縛りがなく料金も格安なデータ通信専用SIMで、使い心地を確認してみるのもおすすめです。

気に入らなければ違約金なしですぐに解約できるのも、大手キャリアにはないメリットです。ほとんどのMVNOは後からでもプランやSIMカードの種別を変更できるので、継続利用したい場合は早めに変更連絡をしておきましょう。

フォローする

Writer

森野 沙織
スマホとパソコンが大好きなライター。ガジェット大好きです。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.05.07 08:55 ID:98ee32855 返信

    通信速度の速い遅いは結局、場所や時間帯によるし、公平かつ万人向けのデータも無いから、使ってみるまでわからないんだよなぁ。
    あと、7社に絞って、分かりやすく書いてくれてるけど、これ見ただけでももう比較するのが面倒になるわ。
    ちなIIJmioファミリーシェア。

  2. 匿名 2019.05.07 09:35 ID:7b94e7e40 返信

    MVNOは時間帯には左右されやすいけど
    場所には悪い意味で左右されにくいんよ。
    MNOなら混んでるところだけ遅くなったりするけど
    MVNOが混み合うと最終的にMNOと繋がる部分で詰まるから
    全体が遅くなりがちなので。

  3. 匿名 2019.05.07 12:45 ID:d7fc7b806 返信

    BIGLOBE もau対応したけどね。

  4. 機器キリン 2019.05.07 15:34 ID:ceaa6353a 返信

    ペンギンモバイルも比較対象にしてください。宣伝してないから知らない方多いですが、かなり業界では話題ですよー!

    速度も申し分無い。使えるギガ数も他社より多いです。

    サポートも三ヶ日以外休み無しだそうです。わお!

  5. 匿名 2019.05.07 22:08 ID:317a614eb 返信

    どこにしたって正午と17時からの1時間はクソ回線
    それが嫌ならキャリア行きなさい

    • 匿名 2019.05.08 11:30 ID:3c88ae808 返信

      UQは落ちないよ。親より速いときもあるし。
      サブブランドだけどここで紹介してる限りMVNOって認識なんだよね。