Huaweiは折りたたみスマホのMate Xを毎月10万台販売している

Huaweiは、サムスンがCESでGalaxy Foldの出荷台数を発表したのに対抗して同社の折りたたみスマホMate Xの出荷台数を「毎月10万台」と発表しました。Mate Xが中国で発売されたのは2019年11月15日ですので、およそ20万台が販売されたということになります。

さらに、HuaweiはMate Xの出荷期間を半減させることに成功し、今まで一週間掛かっていた出荷が4日程度で済むようになったということです。中国人ユーザーはさらにMate Xが手に入れやすくなりますね。

HuaweiはMWCで新型のMate Xsを発表する予定で、Kirin 990を搭載しさらに需要は増えそうです。このモデルこそ、Google Play非搭載でも買いたい人が中国国外には大勢居そうな気がしますが、発売予定地域は中国とヨーロッパのみとなっています。

LetsGoDigitalが作成したMate X2(仮)のレンダリング 約25万円という価格ながら、たった1分で売り切れとなったHuawe...

Source:新浪,GSMArena

フォローする

Writer

sekken
Pixel 4a 5G or iPhone 12、買うタイミングを完全に逃す Twitterフォローしてね:@sekkenthewriter

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.01.15 14:47 ID:bf7ffa9e7 返信

    ネタ機のように見えて、実用性が高いしなぁ
    国内実機レビューってあったっけこの機種