Huaweiはわずか1ヶ月でヨーロッパ市場のシェアを1/3失った【2019Q2】

市場調査会社カンターによりますと、Huaweiはトランプ大統領による事実上の禁輸措置を受けたことにより、ヨーロッパでの市場シェアを1/3ほど落としたそうです。

具体的にはイギリス、フランス、スペイン、ドイツ、イタリア全体で、事実上の禁輸措置を受ける前の5月には25%もあったHuaweiのシェアが、事実上の禁輸措置後の6月には16%にまで落ちました。これにより、シェア3位であったAppleに抜かれた形になります。

こちらが市場調査会社が報告したシェアの遷移となります。6月になった途端Huaweiは急激にシェアを落とし、その一方でライバルであるSamsung, Apple, Xiaomiが伸びています。

特に、SamsungとXiaomiは2ポイントと大きな伸びを見せていますが、Appleは1ポイントの上昇にとどまっています。このグラフだけを眺めると、Huaweiユーザーは高くて慣れないiPhoneではなく、安くて使い慣れた他社製Androidスマートフォンに乗り換えたように見えます。

しかし、市場調査会社のアナリストによると、「Huaweiユーザーは状況がはっきりするまでアップグレードを控えるという兆候が見られている」と述べています。つまり、Huaweiユーザーは他社に乗り換えたのではなく、新機種を購入する人が少なかったということになります。

この市場調査会社の推測が正しければ、ひょっとすると米中の問題が解決されればHuaweiユーザーの新製品へのアップグレードが進み、欧州でのHuaweiのシェアが一気に回復するかもしれませんね。

Huawei製品の扱いは、今後どうなるのでしょうか。 アメリカのトランプ大統領と中国の習近平国家主席はG20大阪サミットで、貿...
Huawei P30シリーズが販売開始になってから約3ヶ月。アメリカの取引禁止措置後混乱が見られ、現在でも日本ではキャリア版Huaw...

Source : Bloomberg

フォローする

Writer

Mo
2013年にMNPを知ってからスマホオタクになった理系学生。メインはiPhone7でサブはズルトラ。 スマホ以外にカメラをやっているのでカメラに関する記事もバンバン書きます。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.07.20 18:11 ID:2e1c9509a 返信

    トランプの狙いはコレ!
    その奥には「5G」の覇権争い。

  2. 匿名 2019.07.21 10:02 ID:959e576c2 返信

    安くてそれなりに使えるスマホがHuaweiって事なんだろうな。
    自分もそう考える一人です。

    10万円以上出せる人はiPhoneでもよいのだろうけど…。