Honor Play5活力版が発表【Dimensity 900搭載・120Hzリフレッシュレート対応】

Honorより、ミドルハイモデルHonor Play5活力版が発表。Dimensity 900をSoCに採用し、120Hzリフレッシュレート、66W充電対応などが特徴のモデルとなっています。

GMSを搭載したHonor機がヨーロッパ市場に復帰しました。Honor 50は11月12日に発売開始されるようです。ヨーロッパ価格は...

基本スペック

  • Dimensity 900
  • 6.67インチFHD+(2,376×1,080p)LCDディスプレイ(左上パンチホール)
  • 8GB(+仮想2GB)RAM+ 128/256GB ROM
  • 4,300mAhバッテリー、66W有線充電に対応(約44分で満充電可能)
  • 側面指紋認証
  • リアカメラ:64MPメイン(f/1.9)+2MP深度(f/2.4)、最大4K動画撮影対応
  • インカメラ:16MP(f/2.0)最大1,080p動画撮影対応
  • イヤホンジャック
  • Wi-Fi 5
  • Bluetooth 5.1
  • Magic UI 4.2(Android 11)
  • 約161.8×74.7×8.5mm、重さ192g
  • 充電器付属

無印モデルとなるHonor Play5はDimensity 800U搭載となっていましたが、当モデルはその上位モデルとなる、Dimensity 900を採用。

Honor Play 5が中国で正式発表されました。ベースモデルの価格は2099人民元(約3.6万円)で、5月26日に発売開始となり...

ただ、Play5はOLEDディスプレイや8MP超広角レンズを搭載していたため、全てのスペックでPlay5を上回っているというわけではない模様です。

その他の特徴としては、120Hzリフレッシュレートや66W急速充電対応などと、最近のミドルハイ機としては至って普通のスペックと言えるでしょう。

ちなみに、Honor Play5シリーズは当モデル含めPlay5、Play5活力版、Play5T、Play5T Pro、Play5T活力版の計5種類存在と少々ややこしいラインナップとなっており、その中でも「T」モデルは通常モデルよりも下に位置付けられているようです。

Honor Play 20が正式発表されました。Unisoc T610を搭載した格安機で、ベースモデルは899人民元(8)とな...

対応バンド

  • 4G : B1/3/5/8/34/38/39/40/41
  • 5G : N1/N41/N78

約3.2万円から

カラーは幻夜黑(ブラック)、极光蓝(ブルー)の2色のみとなり、11月1日発売。その価格は以下の通りとなっています。

  • 8GB+128GB 1,799元(約3.2万円)
  • 8GB+256GB 1,999元(約3.6万円)
Honor Xシリーズの最新モデル、Honor X30 Max及びX30iが正式発表。X30 MaxはX10 Max 5Gの後継モデ...
Honorより、同社タブレット最新モデル、Honor Tab V7が正式発表。最新のMediaTek Komapanio 900Tを...

Source:Honor Via:GSMArena

フォローする

Writer

Kohei
基本的に新機種発表会は生放送視聴して、なるべく早く記事をお届けできるようにしています。スマホの他にはオープンワールドゲームやEDMが好きです。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2021.11.03 13:58 ID:b4f2de4d8 返信

    3万台機で60Wクラスの高速充電や120Hzが当たり前とか
    いい時代になったもんだ。

    • 匿名 2021.11.03 15:17 ID:b4f2de4d8 返信

      後は高性能のまま有機ELになってくれれば完璧なんだが…
      まぁそこは少し+α金だせばいいか

  2. 3curtsey 2022.01.13 10:25 ID:f0db7b406 返信

    1editions