Honor Play 4T / 4T Proが正式発表【お手頃な価格設定】

HuaweiのサブブランドであるHonorから、Honor Play 4THonor Play 4T Proが発表されました。

価格は1199元(約18,000円)からとなっており、お手頃な価格設定が魅力的です。

Honor Play 4Tのスペック

Honor Play 4T

Honor Play 4T6.39インチのLCDディスプレイを採用しています。インカメラはパンチホール型です。ディスプレイ解像度は720×1560で、指紋認証は背面です。

SoCはKirin710Aを搭載、カメラは、48MPのカメラと2MPの深度カメラのデュアルカメラとなります。

バッテリーは4000mAh10W充電のmicro USBポートを搭載しています。最近のスマートフォンはほぼType-Cポートを搭載しているため、ここはちょっと残念ですね。

カラーはMagic Night BlackBlue Water Emeraldの2種類です。

Honor Play 4T Proのスペック

Honor Play 4T Pro

Honor Play 4T Pro6.39インチのOLEDディスプレイを採用しています。ノッチはウォータードロップ型です。ディスプレイ解像度は1080×2400で、画面内指紋認証をサポートしています。

SoCは、最近発表されたKirin810を搭載。ミドルレンジとしては非常に優秀な性能を誇ります。

6月21日午後、ファーウェイ傘下のHisiliconから、二つ目となる7nmプロセスのスマートフォン向けSoC「Kirin 810」...

通常版とのカメラの大きな違いは、広角カメラの有無です。Pro版は48MPのカメラ8MPの広角カメラ、2MPの深度カメラが付いています。

バッテリーは通常版と同じく4000mAhのバッテリーを搭載しています。Pro版は22.5W高速充電に対応しており、Type-Cポートを搭載しています。

カラーは通常版と同じ2色に加えて、Pro版のみIcelandic Environment(白から青へのグラデーションのような色)があります。

Pro版でも2万円台だが、GMS非搭載

価格は、Honor Play 4T1199元(約18,000円)Honor Play 4T Pro1499元(約23,000円)になります(どちらもメモリ/ストレージが6GB/128GB)。

加えてPro版はメモリ8GBのバージョンがあり、こちらは1699元(約26,000円)です。

スペック面では、Pro版が通常版を大きく上回っています。これで5,000円程度の違いなら、Play 4T Proを買うべきでしょう。

しかし、ネックはGMS非搭載です。非常に高いコストパフォーマンスですが、Googleのサービスが使えないのは大きなデメリットです。

オーストリアはウィーンにて開かれた記者会見で、HuaweiオーストリアのマネージャーFred Wangfei氏が、「アメリカによるH...

source: Honor (4T, 4T Pro)

フォローする

Writer

岩佐
新人ライターの学生(19)。狂信的なXiaomiファンです。 https://twitter.com/nagi_iwasa

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します