要らないアプリを断捨離するには?GooglePlayの便利機能を紹介

Androidのデフォルトのアプリストア、GooglePlayではいつでも好きなアプリをダウンロードする事ができ、とても便利です。

ただ、気軽にダウンロードが出来るためついついダウンロードしすぎてしまい、ストレージ不足になることがあります。いつか使うかもしれないアプリをアンインストールするのは勿体無いような気も……

そんな時にオススメのGooglePlayの新機能をオランダのAndroid Worldが紹介しています。

どんな機能かというと、ほとんど使用していないアプリが端末にある場合GooglePlayストアからアンインストールを提案する通知が届くというものです。

通知を開いてGooglePlayストアに移動すると、しばらく使用していないアプリが表示されます。そこで、各アプリごとに最後に使用したタイミングを確認する事でき、一括してアンインストールする事が可能です。

アンインストール後、アプリを消去したことによって開放された容量はGooglePlayストア上で表示されます。

この機能は世界中で使えるのか、GooglePlay Storeからどんなタイミングで通知が来るのかなど、詳しい事は不明です。

革新的な新機能ではありませんが、あると嬉しい気が利く機能ではないでしょうか。インストールしているのにホーム画面に置き忘れ、アプリ一覧で眠っているアプリなど、この機能を使えば簡単にスマホのアプリを断捨離できそうです。

Source: Androidauthority

フォローする

Writer

gadgetmania
メインはiPhone Xs Maxを三色、 サブ機として最近Androidを購入しました。 どちらの製品も魅力があるのでそれを伝えていけたらなと思います。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します