Googleが位置情報活用SNS「Shoelace」をローンチ

GoogleはSNSで過去にGoogle BuzzやGoogleフレンド、4月に廃止されたGoogle+を含む計4つのサービスで失敗を続けてきましたが、めげずに新SNS「Shoelace」をローンチしたようです。

「Shoelace」はGPSを活用し、同じ事に興味を持っていて近くにいるユーザー同士を繋げるSNSです。

名称の「Shoelace」は靴紐という意味で、人と人を結び付けるという意図を持ってつけられた名称であるとのこと。

ユーザーは「ループ」と呼ばれるイベントやアクティビティを開催したり参加する事が出来ます。Facebook上の「イベント」と似ており、最近新しい街に引っ越してきた人や街を探検しようと思っている人にはぴったりな機能でしょう。

「Shoelace」はGoogleのワークショップ(小規模な開発チーム)であるArea120が開発したもので現在、ニューヨークでのテストに留まっています。開発者たちは他の都市での展開も計画していますが、現時点でそれに関する情報は一切ありません。

「Shoelace」はiOS版、Android版が既に稼働しています。現在は招待されたユーザーのみ使用可能となっています。

先日、アメリカのモバイルキャリアであるスプリントとTモバイルの合併交渉について進展があり、司法省が一部条件をつけた上で大筋を承認した...
Googleが注目のクラウドゲーミングサービス「Stadia」に関する情報を更新しました。 Stadiaはゲーム機がなくても、...

Source: Shoelace.nyc

フォローする

Writer

gadgetmania
メインはiPhone Xs Maxを三色、 サブ機として最近Androidを購入しました。 どちらの製品も魅力があるのでそれを伝えていけたらなと思います。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します