Galaxy Note 10のレンダリング画像が出回る クアッドカメラ搭載で指紋センサーは埋め込み?

MWC2019でフラグシップモデルのGalaxy S10シリーズを発表したSamsungですが、Samsungの主力スマートフォンはこれだけではありません。

Galaxy NoteシリーズはSamusungの主力製品の一つとなっており、スマホでも精度の高いスタイラスペンを利用できる端末です。

これまで今年発売予定のGalaxy Note 10に関して様々な情報が出ていましたが、PhoneArenaがこれまでの情報を元にレンダリング画像を作成しました。

メインカメラはクアッドカメラ?

さて、今回公開されたレンダリング画像でまず目を引くのは背面のカメラユニットです。2018年に発売されたGalaxy Note 9はデュアルカメラですが、Galaxy Note 10ではクアッドカメラ(4眼カメラ)になるのではないかという噂が有力とされています。

すでにGalaxy A9やGalaxy S10 5Gではクアッドカメラが採用されていることから、可能性は決して低くありません。

現段階では、Galaxy Note 10に搭載されるカメラは、12MPメインカメラ+12MP望遠カメラ(光学2倍)+16MP広角+3D深度カメラの構成になると考えられています。

なお、カメラの隣にはフラッシュLEDと心拍センサーが並んでいますが、この形はGalaxy Note 9と変わりがありません。現状有力な情報がないため、同じ形にしているということです。デザインの変更があるのかどうかが気になるところです。

穴あきディスプレイ搭載か

Galaxy Note 10のディスプレイは、カメラ部分に穴が開いたパンチホール型になるというのが有力なようです。

Samsungは様々な先進的な技術を開発しスマホに詰め込んでいますが、多くのユーザーの「前面カメラを隠してほしい」という期待には100%応えられていません。Samsungの言う「Infinity-O ディスプレイ」で可能な限りディスプレイに干渉しないというのが最適な解決策としているようです。

指紋センサーはディスプレイに内蔵?

Galaxy S10で指紋センサーはディスプレイ内蔵の超音波指紋認証になりました。Galaxy Note 10でも同様の技術が用いられるというのが大方の予想です。

ディスプレイ内蔵となると気になるのはディスプレイの劣化による指紋認識の低下です。Samsungでは主力商品で、ディスプレイの損傷による指紋認識に影響があるか確かめる耐久テストが行われました。

その結果は、通常利用時の傷程度であれば問題なく認証できるというものでした。

今後、Galaxy Note 10に限らず指紋センサーがディスプレイに内蔵されるというのがメインストリームになってくるかもしれません。

Galaxy Note 10は8月発表

これまでのGalaxy Noteシリーズは、毎年8月に発表され、10月に発売されるという流れになっています。おそらく今年も同じ流れになると思われます。発表時期が迫って来るにつれて他のリーク情報も沢山流れてくることでしょう。

Galaxy S10シリーズが発表されたばかりですが、Galaxy Noteシリーズも見逃せなくなってきましたね。

Source: PhoneArena

フォローする

関連記事

 コメント