Galaxy A42 5GはSnapdragon 750G搭載か【サムスンの5G最安機】

サムスンは9月初めのイベントIFA 2020で格安5G機Galaxy A42 5Gを発表しました。

サムスンは新たに5G対応モデル、Galaxy A42 5Gを発表。先日Geekbenchに登場し、リークされたばかりの注目株です。発...

Galaxy A42 5Gは、日本でもDocomo等大手キャリアから発売されているGalaxy A41(こちらは4G機)の後継機種であり、発売時にはGalaxyスマホの中で最も安い5G対応端末となる見込みです。Galaxy A42 5Gは、ヨーロッパでは369ユーロ(約46,000円)で発売される予定です。

Galaxy A42 5GはIFA 2020で発表はされたのですが、スペックに大部分ついては未発表でした。Socとしては9月に発表されたSnapdragon 750Gが搭載される可能性が高まっています。

Qualcommは5G対応のミドルハイ向けプロセッサSnapdragon 700番台シリーズ新製品としてSoCSnapdragon ...

Galaxy A42 5Gの最新スペック予想(Soc含め)

ガジェットサイトDealntechによると、A42 5GのGeekbenchベンチマークのソースコードを解析すると、Snapdragon 750G搭載のものと同一のCPUとGPUスペックが確認できたとのことです。

A screenshot of the source code

なお、Galaxy A42 5Gは9月初めに発表された段階ではSnapdragon 690搭載かと予想されていましたが、690と互換性のある上位Soc、Snapdragon 750G搭載の可能性が高まりました。なお、Snapdragon 750G搭載発表一番乗りはXiaomiのMi 10T Liteとなりました(9月30日。)

30日21時(日本時間)、Xiaomiがオンライン上でヨーロッパ市場向けの新製品発表会を配信し、Mi 10T、Mi 10T Pro、...

結果としての最新予想スペックは以下の通りです。Snapdragon 690搭載だと4万円台半ばの価格設定は高すぎると感じましたが、Snapdragon 750G搭載だとミッドレンジ5G機としてしっくりきます:

  • SoC: Snapdragon 750G
  • RAM: 4GB / 6GB LPDDR4x
  • ROM: 64GB / 128GB (UFS 2.1)
  • ディスプレイ:6.6インチ、Infinity-U、AMOLED
  • リアカメラ:48MP+8MP(広角)+5MP(マクロ)+5MP(深度センサー)
  • インカメラ: 20MP
  • セキュリティ:画面内指紋認証
  • 端子:Type-C イヤフォンジャック
  • バッテリー: 5000mAh
  • カラー: ホワイト ブラック ブルー

A42 5GはGalaxy A41の後継機として今年中に日本発売してくれると嬉しいですが、キャリア(Docomoやau)はまずA41よりも高スペック・高価格のGalaxy A51 5Gの販売に力を入れそうです。

Source: Dealnteck, mysmartprice

フォローする

Writer

telektlist管理人
このサイトの管理人。スマホのスペックはバッテリー持ちとチップセット重視。現在の愛機はMate 20 Pro, Oneplus 6とRedmi Note 7。カスタムROM導入に失敗してスマホを2台文鎮化させたことがあります。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します