Galaxyの低価格機A02とM02らしきモデルが認証通過

画像はGalaxy A01

Galaxy A02とGalaxy M02と思われる新型機種がそれぞれNemko ASという認証機関の認証登録を通過したことが明らかとなりました。また、Galaxy A02のベンチマークスコアについても過去に判明しており、それと関連付けられる結果になりました。

両機種はGalaxyスマートフォンでも最も安い価格帯のエントリーモデルになる見込みです。

大型バッテリーが最大の特徴で、これを2019年のGalaxy M10/20の登場から一貫して貫いてきたサムスンのGalaxy Mシリ...

Nemko ASの認証を通過・発表も近づいているか

今回Nemko ASの認証に登録されたのは、SM-A025F/DSとSM-A025F、SM-M025F/DS、SM-A025M/DS、SM-A025Mのモデル番号です。「SM-A」の「A」はGalaxy Aシリーズであることを示していますが、一方で「SM-M025F/DS」の「M」はGalaxy Mシリーズということを表しています。認証情報より、これらのモデル番号は全て一つのベースモデルに属することになりますが、Galaxy AシリーズとGalaxy Mシリーズのモデル番号が混在しています。

これはつまり、Galaxy A02とGalaxy M02の二つは同じ機種をベースにしており、マーケットによってこれらの名前が使い分けられるという可能性が考えられるということです。

GeekbenchにもGalaxy A02が登場済み

Galaxy A02と思われる機種のNemko ASへの認証登録が済まされたのは先日のことですが、一方でGeekbenchには9月の段階でそれと思われる機種のベンチマークスコア登場が公開されていました。

「SM-A025F」というモデル番号で公開されているサムスンの機種のベンチマークスコアは、シングルコアが751点、マルチコアが3,824点となっています。

Galaxy A01の後継機種となるだろう

サムスンは今年の7月にGalaxy M01の後継機となるGalaxy M01sを発表しています。対して同グレードとなるGalaxy A01にはその後継機を未だ出していません。よってGalaxy A01sはスキップされ、Galaxy A02というモデルでリニューアルされる予想です。

また、インドで発売がされたGalaxy M01 Coreは約8,000円からという低価格が魅力のエントリーモデルとなっていました。上記の機種はいずれも価格が決め手となりインドなどのマーケットで人気の機種となっています。Galaxy A02そしてGalaxy M02も価格次第でヒットすると考えられます。

Galaxy M01 Coreが新たにインドで発表されました。日本円で約8千円という低価格が特徴のGalaxy Mシリーズのラインナ...
サムスンから2020年に発売されたミッドレンジ機のGalaxy A51(8GB+128GB)のレビューです。Galaxy Sシリーズ...

Sources: Nemko, Geekbench

フォローする

Writer

Sekey
コロナでさびしいのでTwitterでたまにつぶやくことにしました。 Twitter @STelektlist

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します