Chrome、広告目的のCookieの利用を制限する方針へ

Googleは、ターゲティング広告目的のサードパーティーCookieのサポートを2年以内に終了する方針であることをChrome開発陣の公式ブログ Chromium Blog上で発表しました。

いままで、Chromeでは広告会社が自らが運営していないサイト上でもCookie(いわゆるサードパーティーCookie)を使ってユーザーの閲覧履歴を追跡し、ユーザーに合った広告を表示していました。これに対して、ユーザーの個人情報の保護、プライバシー強化を求める声があがり、Googleがそれに答えた形になります。

【Cookieとは?】

Cookieは、自分が閲覧したサイトからPC・スマホなどの端末に保存している情報のことである。ログインIDの記録、ショッピングカートの商品の保持などに使われている一方で、企業による個人情報の追跡、マーケティングなどにも利用されている。

AppleMozillaはそれぞれのWebブラウザであるSafariFirefoxですでにデフォルトでサードパーティーCookieをブロックする設定となっています。Webブラウザで最もシェアの高いGoogleChromeがようやくそれらに追従する形となりました。

これに先駆け、今年の2月のアップデートからはサードパーティーCookieはHTTPS経由のアクセスを求められることになります。これからもGoogleはよりいっそうユーザーのプライバシーに配慮する方向となりそうです。

なお、アナリストはGoogleは様々な手段でユーザーのデータを収集しているため、Cookieが利用できなくなってもGoogleの広告事業には大きな影響はないだろうと述べています。

これであなたも、闇の世界へようこそ......? 「夜、暗い部屋でスマホを見ても目に優しい」「液晶が焼きつきにくい」「...

Source : Chromium Blog (Google)

フォローする

Writer

Yusho Nakayama (旧Mo)
コメント見てますので安心してください。Moって読みづらくね?と思って名前を使うことにしました。どっちで呼んでも大丈夫です。 2013年にMNPを知ってからスマホオタクになった理系大学生。telektlistでは珍しいiOS派。 Twitter: @yushonakayama Instagram: @yushonakayama

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.01.16 14:28 ID:bd3b85c2d 返信

    結局は胴元が儲かるだけ