Android版Chromeでダークモードを有効化する方法・手順

これであなたも、闇の世界へようこそ……?

「夜、暗い部屋でスマホを見ても目に優しい」「液晶が焼きつきにくい」「電力消費が抑えられる」などの理由で、徐々に浸透しつつあるダークモード。

Android版のGoogle Chromeが、バージョン78からダークモードに正式対応しました。Web版のダークモード対応に続き、モバイル機器でも利用可能になっています。

なお、Chromeのバージョン74~77でも、非公式ながらダークモードに対応。それぞれ手順が異なりますので、以下に両方の手順を紹介します。

※以下の手順紹介画像では、Chromeの言語設定が英語になっていることをご了承ください。言語設定が日本語の場合も手順は同じですので、適宜読み換えて頂けると幸いです。また、リリース直後の機能であるため、機種や端末によって環境が異なる可能性があります。

<具体的な手順(Chromeバージョン78以降)>

  1. Chromeアプリを開き、「設定」→「Chromeについて」で、バージョンが78以降であることを確認。

    バージョン78以降であれば、ダークモードに公式対応している

  1. 設定画面に戻り、「テーマ」を選択。

    ダークモード公式対応により、「テーマ」が設定に登場

  1. テーマを「明」から「暗」に変更。選択した時点で、画面が暗転します。
    また、バッテリーセーバーがオンの時のみダークモードを適用するオプションもあります。

    「テーマ」には3種類のオプションが存在

  2. これで設定は完了です。ダークモード化したChromeをお楽しみください!

    黒背景にGoogleの白いロゴがクール

<具体的な手順(Chromeバージョン74~77)>

  1. Chromeアプリを開き、「設定」→「Chromeについて」で、バージョンが74以降であることを確認。

Chromeアプリを開き、「設定」→「Chromeについて」で、バージョンを確認。筆者の場合はバージョン76。

  1. Chromeアプリを開いて「chrome://flags」というコードをアドレスバーへ打ち込み、実行。ブラウザの試験機能ページが開きます。

「chrome://flags」というコードをアドレスバーで実行し、ブラウザの試験機能ページを開く。

  1. 「dark」という単語で検索すると、「Android web contents dark mode」と「Android Chrome UI dark mode」という設定が登場。ここでは一旦、両方の設定を「Default」から「Enabled」とします。
    ちなみに、2つの設定のうち前者はWebサイトのコンテンツがダークモード化する設定、後者はChromeのUIのみダークモード化する設定です。その後、案内に従ってChromeアプリを再起動します。

「dark」と検索後、出てきた設定を両方とも「Enabled」で有効化。右下の「Relaunch Now」 でアプリを再起動。

  1. アプリが再起動したら、先ほどの試験機能ページで今度は「site settings」と打ち込んで検索。「Android Site Settings UI changes」という設定で、「Default」から「Enabled」としてください。設定が完了したら、もう一度アプリを再起動します。

試験機能ページで「site settings」と検索し、出てきた設定を「Enabled」に変更して有効化。その後、アプリを再起動。

  1. アプリが再起動したら、右上のメニューアイコンからChromeの設定を呼び出します。
    すると「テーマ」という設定がありますので、「明」から「暗」に変更してください。再起動は不要で、すぐにダークモードが適用されます。

Chromeの設定を呼び出すと、「テーマ」という設定項目が登場している。

テーマを「明」から「暗」に変更することで、ダークモードが適用される。

お疲れ様でした!以上でダークモードの適用が完了です。

ただし、この状態はWebコンテンツを含む全ての表示が暗転しているものであるため、画像によっては、暗転して本来の色が失われてしまうことがあります。
気になる場合は、手順3に戻って「Android web contents dark mode」を「Disabled」として無効化してください。そうすることで、ChromeのUIのみダークモードが適用されます。

変更前の状態(左)と、ダークモード有効化後(右)

画像によっては、暗転して本来の色が失われることも。気になる場合は、先の手順に戻って「Android web contents dark mode」のみ「Disabled」で無効化してください。

筆者も、見た目の良さや暗い場所での視認性などを理由に、ダークモードを使うことがあります(電子書籍は未だに白い背景の方が好きですが)。

Androidにおけるダークモードは、Android QでOSレベルの対応も予定されています。

次期AndroidのAndroid QはOSレベル、ネイティブレベルでダークモードに対応するという報道がありました。 Ma...

Source: Android Authority, phoneArena

フォローする

Writer

早川あさひ
ガジェットフリークとして、「コストをかけなくても幸せになれる」が持論です。AliExpressなどの海外ECサイト、日本国内のフリマサイトの巡回がルーティンワークで、中古市場に関してはちょっとだけ人より詳しいはず。ミニマリスト的な思考が強く、シンプルな暮らしを信条としています。たまにコメント欄に現れることがあるかもしれません。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.08.22 07:46 ID:b8a607aa2 返信

    chromeのバージョンは、右上のメニューから、設定→chromeについて で見れるはずですよ

    • 早川あさひ 2019.08.25 12:18 ID:d80e2d6ef 返信

      ご指摘ありがとうございました!手順1の本文として追記しました。

  2. 匿名 2019.08.22 15:43 ID:c3ee3028f 返信

    ナァイス記事!!
    ちなみに他には「Chrome Duet」ってのもオススメだぞ!これはメニューバーを下部に移動してくれるから操作性がグンッッって上がるのだ

    • 匿名 2019.10.20 22:19 ID:d32f7ba1f 返信

      できねぇ?本当にできん?

      ??????

  3. 匿名 2019.08.23 12:42 ID:2581a0eb6 返信

    これは朗報。
    夜にベッドで寝転がって見ること多いから、目の負担が軽減されて助かる。
    Slackも早く導入してどうぞ。