注目のゲーミングスマホ Black Shark 2のスペックが公表される


Black SharkのCEOであるPeter Wu氏は、中国のソーシャルネットワーキングサイトWeiboにて、Black Shark 2のポスターを掲載しました。
ポスターからはSnapdragon 855を示すロゴや文字、12GBの表記が確認でき、クアルコムの最新ハイエンドSOCと12GBのRAMが搭載されていることが確実となりました。

Black Sharkはゲーミングに特化したスマートフォン・ブランドですが、ゲーミングスマホとして重要なスペックの一つがバッテリー寿命です。Peter氏はWeiboにてBlack Shark 2にはeスポーツ用バッテリーが付属すると明言しています。

同社はBlack Shark 2にLiquid Cool 3.0と名づけられた液体冷却技術が採用されていることを公表しており、Peter氏によれば、最適化されたバッテリー・ケミカル・システムと充放電アルゴリズムの調整により、充放電性能が60%向上するとのことです。

Liquid Cool 3.0の詳細は不明ですが、同社は過去にBlack Shark Heloにダブル液冷ヒートパイプを採用しており、Liquid Cool 3.0はそれをさらに発展させたものとなると予想されます。

Black Shark 2はAnTuTuのデータベースからAndroid 9 Pie、2340 x 1080ピクセル(19.5:9)のディスプレイを採用していることが確実視されています。こちらは8GB + 128GBのメモリ構成となっており、今回明らかになった12GBのRAMとは別に、8GB版が存在すると予想されます。

またBlack Shark 2はXiaomi Mi 9同様の27W高速充電が可能な、中国強制認証(3C認証)を通過しています。

現在YouTubeには、Black Shark 2 Official Trailerとされる映像が公開されており、映像にはノッチのない狭ベゼルなスマートフォンが映し出されています。

注目の価格ですが、Black SharkのWebサイト、JD.com、およびMi Storeで予約注文が可能になっているものの、9,999元という明白な仮価格が記載されており、今のところ明らかになっていません。

Black Shark 2は3月18日に発表され、中国での発売後、順次欧州地域などで発売されるものと思われます。

Source:GSMArena

フォローする

関連記事

 コメント