Softbank回線のiPhone用格安SIMが日本通信から登場

日本通信(b-mobile)からSoftbank回線を用いたiPhone向けのデータ通信用SIMカードが販売開始しました。

このSIMは去年から販売されていたSoftbankのiPad向けのデータSIMである190PadSIMのiPhone版です。価格はiPad向けと全く同じで、以下のようになています。

容量月額料金初期費用
100MB/月190円3,000円
1GB/月540円
2GB/月890円
3GB/月1,240円
4GB/月1,590円
5GB/月1,940円
6GB/月2,290円
7GB/月2,640円
8GB/月2,990円
9GB/月3,340円
10GB/月3,690円

なお、通話はないので解約違約金もないです。

日本通信は他に、990JustFitSIMという音声通信付きのSoftbank回線を用いたSIMを販売しています。それの価格は以下のようになっています。

通信容量月額料金初期費用
1GB990円3,000円
2GB1,490円
3GB1,990円
4GB2,490円
5GB2,990円
6GB3,490円
7GB3,990円
8GB4,490円
9GB4,990円
10GB5,490円
11GB5,840円
12GB6,190円
13GB6,540円
14GB6,890円
15GB7,240円

今回発表されたiPhone向けのプランはデータ通信のみで100MBから使え、価格はおよそ五百円ほど安くなっています。SoftbankのiPhoneを使っていて、電話はしないで、格安SIMを使いたいという方に向けた唯一のSIMになると思います。今年の4月からSoftbank回線を用いたMVNOでテザリングもできるようになったのでインターネットの利便性も上々でしょう。

このSIMがiPhone以外のSoftbankスマートフォンで使えるかどうかは不明ですが、補償範囲外ですので期待しないほうがいいでしょう。さらに、個人的には「(あの通信速度に関して悪名高い)日本通信かぁ...」という感じで、通信速度が少し心配ですので、実際に使った人の感想を見てから購入するほうがいいかもしれません。

Source: 日本通信

フォローする

Writer

Yusho Nakayama (旧Mo)
コメント見てますので安心してください。Moって読みづらくね?と思って名前を使うことにしました。どっちで呼んでも大丈夫です。 2013年にMNPを知ってからスマホオタクになった理系大学生。telektlistでは珍しいiOS派。 Twitter: @yushonakayama Instagram: @yushonakayama

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します