AnkerのFusion5000とCheeroの巻き取り式充電ケーブルが便利

こんにちは、Moです。

旅行に行った時や、ノマドワーキングなどの普段使いの時に充電ケーブルが多すぎてカバンの中でかさばったことはありますか?スマートフォンやタブレットの重量は気にされることが多いですが、一緒に持ち運ぶ充電ケーブルやモバイルバッテリーなどを合わせた重量はあまり気にしていない人も多いのではないでしょうか。

今回はお出かけの時の荷物の軽量化、に最適なモバイルバッテリー「Powercore Fusion」を紹介します。

AnkerのPowercore Fusionでモバイルバッテリーと充電器を統一

Ankerからこのような製品が出ています。

このPowercore Fusionというモバイルバッテリーは、モバイルバッテリー内に充電器を装備し、ケーブルレスでモバイルバッテリーを充電できるイカしたモバイルバッテリーなのです!

こんな感じでそのまま充電できるようになっています。

つまりは今までこれだったものが

こうなります。

充電ケーブルが1本減ってスマートになりました。

さらに、もう一つの特徴として、なんとPowercore Fusion自体がスマートフォンの充電器にもなるのです!

このようにして繋げることで、スマートフォンが充電できます。こうすることでUSBが2ポートついた充電器に変身です。

これで済むのです!なんとスマート!

今まで必要だったモバイルバッテリー用とスマートフォン用のACアダプターがモバイルバッテリーに組み込まれて、充電関係はこれ一式で済むようになります。しかも電源タップ1ポートで2台のスマートフォンと、モバイルバッテリー自身の計3台が充電できるようになています。

価格もAmazonで2000円台、重量もあまり重くなく、5000mAhとiPhone2.5回、iPad1回と非常用にはちょうどいい量です。私も使っていて足りないと感じたことはありません。

当製品は他にMicroUSBケーブル、そしてメッシュ状のキャリングケースが付属します。

ケーブルはCheeroの巻き取り式ケーブルでコンパクトに

ただ、AnkerのPowercore Fusionだけではケーブルがいっぱいあって大変ですよね。

ACアダプターは減りましたがケーブルに関しては変わらずです。

2本のケーブルがゴッチャゴチャになることがあります。

そこで、ケーブルとして提案するのがこれ!

Cheeroの巻き取り式ケーブルです。これはケーブルが巻き取り式で、このように伸ばすことができます。

途中何段階か停められる場所があり、最大70cmと純正Lightningケーブルの1mより短いですが、必要十分です。

さらに、充電先はLightningとMicroUSBの2種類あります。これ1本のケーブルで様々な周辺機器に対応します。USB-Cもあるといいんですけどね…

これとAnkerのPowercore Fusionと合わせることで、

今まで左のように色々充電しなきゃいけなかったのが、右のようにコンパクトで絡まらないようになります!

これがとても便利で普段使い、旅行先でも使え、外出時には重宝しています。

他にもポケモンとコラボしたモデルもあります。遊び心があっていいですね。

まとめ

と、このようにAnkerのPowercore FusionとCheeroの巻き取り式ケーブルの組み合わせは外出時に最強であると思います。

この組み合わせでコンパクトで絡まらない、スマートな充電環境の構築をしてみませんか?

とてもお勧めできる商品です!