Appleがワイヤレス充電器AirPowerの開発を再始動?【少し大きめ】

小さいのでいいです…。

開発が中止されていたAppleのワイヤレス充電器「AirPower」に、再始動の噂が出てきました。情報源はテックアナリストのジョン・プロッサー氏です。すでに同様のアイテムが各社からリリースされていますが、これからAirPowerの需要はあるのでしょうか。

発熱の課題をクリア?

AirPowerの開発が頓挫した理由の一つが、本体の発熱です。コイルを3つ搭載しているAirPowerは、シングルコイルの無接点充電器に比べて熱を持ちやすくなっています。それをスリムなデザインに仕上げようとした結果、排熱がうまく行われなかった模様。

ジョン氏が今回入手した情報によれば、「AirPowerはまだ終わっておらず、Appleは放熱の課題をクリアするべく再設計を行っている」とのことです。

iPhoneとApple WatchとAirPods、みんな持ってる?

AirPowerは、本記事冒頭のイメージ画像にもある通り、iPhone・Apple Watch・AirPodsを一度に載せた使い方を想定しています。Appleファンにとっては夢のような構図ですが、多くのiPhoneユーザーはApple WatchとAirPodsも併用しているのでしょうか?

もし複数のデバイスを所有しているユーザーがさほど多くないのであれば、AirPowerはシングルコイルで無理なく充電できる仕様に変更しても良いのでは、と思います。

こちらはあくまで噂ですが、ミンチー・クオ氏が「小さいAirPower」の存在をほのめかしているとか。同時に複数のデバイスを充電しない場合は、こちらのほうが良さそうな感じもします。

本日18日21時ごろ、Appleが突如ウェブサイト上に新型iPad Proの情報を公開し、同時に注文の受付を開始しました。 何が変...
Research Snipesの調査によると、次世代iPhoneに搭載されるであろうApple A14チップが、クロック周波数3GH...

Source: Twitter

フォローする

Writer

tokui
自粛のせいで価値観が揺らいでいます。鉄のiPhoneユーザー。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.03.27 14:40 ID:34a9ae428 返信

    大きくても小さくてもApple純正なら欲しいです!!
    だから私は、iPhone