2019年Q3スマホ世界シェアTOP10【順位に大きな変化なし】

Samsung・Huawei・Appleの「ビッグ3」強し。Realmeの勢いはどこまで続くのか。

香港に本社を置くCounterpoint社の調査により、2019年の第3四半期(Q3, 7~9月)におけるスマートフォンの市場状況が明らかになりました。

主なポイントは下記の通りです。

・中国とインドの2大マーケットが、スマホ市場全体を下支えする状況は続く
・トップ3社(Samsung、Huawei、Apple)で、およそ半数の世界シェアを占める
・Samsungの世界シェアは21%。Galaxy A&Noteシリーズが好調か

・米国の制裁を受けたHuaweiは世界シェア18%を達成
・Realmeの驚異的な成長スピード。世界ランク7位に躍り出る

それでは、Counterpoint社発表のデータに基づいて詳しく掘り下げていきたいと思います。

市場概況 - マーケット規模は変わらず

2019年第3四半期における、出荷台数(上)とシェア率(下)

2019年第3四半期におけるスマートフォンの出荷台数は、全世界で3億8,000万台。
前年の第3四半期データが3億7,980万台であったため、マーケットの規模自体は横ばいという結果になりました。

Counterpoint社のアナリストであるShobhit Srivastava氏は、インド中国における高い需要が、全世界のスマホ市場を下支えしていると分析。第3四半期にはインドで4,900万台、中国で1億400万台のスマホが出荷されており、両国足すと世界のスマホ出荷台数の約40%を占めています。

2つの巨大マーケットが、メーカー各社にとってキーポイントとなる状況は続きそうです。

世界シェア1位:Samsungは好調維持

優れたコスパが好評のGalaxy Aシリーズ

Samsungが1位の座を堅持。2018年第3四半期から順調にシェアを伸ばし続け、何と世界シェア全体の5分の1を占める結果となりました。

ハイエンドモデルのGalaxy Noteシリーズに加え、優れたコストパフォーマンスを誇るGalaxy Aシリーズの好調も大きいと言えるでしょう。

世界シェア2位:中国市場にも注力するHuawei

アメリカによる制裁も、中華スマホの巨人Huaweiにはどこ吹く風?

米国による制裁の影響で、Google系アプリのスマホへの搭載が不可能になったHuawei。その影響を受けて、世界各国ではシェアが急激に落ち込んでいます。

それに対して、グローバル市場での落ち込みを中国市場でカバー。結果として、世界シェアは前年同時期との比較で3.9%アップしています。

中国では、5Gサービスの開始も話題になりました。Huaweiの今後の販売戦略には要注目です。

ついに中国でも5Gサービスが正式にスタートしました。 中国最大手である通信会社、China Mobile (中国移動)、Chi...

世界シェア3位:Appleは、新型iPhoneが今後のカギに

今年9月に発表されたiPhone 11シリーズが、今後のカギを握る

Appleは、前年第3四半期との比較でシェアを落とすという結果に(0.5%ダウン)

とはいえ、iPhone 11は手頃な価格で好調な売れ行きで、第4四半期のクリスマス商戦に向けiPhone 11シリーズが心強い存在となりそうです。

番外編:Realmeの成長スピードが3強を脅かすか

Realme X2 Proの発売で、ハイエンドモデルもラインナップに加わった

Oppoのサブブランドとして、2018年第3四半期から本格的にスマホ市場に参入したRealme。2019年第3四半期で、ちょうど1年の月日が経ったことになります。
Counterpoint社のデータでは、年間成長率が800%を超えたという驚愕の事実が明らかに。

コスパに優れたモデルを武器に、まさしく飛ぶ鳥を落とす勢いの同社。今後の成長曲線からも目が離せません。

グローバル市場におけるRealmeの業績推移(棒グラフは出荷実績、折れ線グラフは順位)

まとめ

各メーカーがしのぎを削り、群雄割拠の様相を呈するスマホ市場。購入者の立場として、多くの選択肢があることは喜ばしく思えます。

2019年の集大成としての第4四半期に、各社がどのような実績を残すのか。次期の世界シェア結果発表が、今から楽しみです。

先日公開されたCounterpoint社のスマートフォン市場の調査レポートによると、Oppoのサブブランド Realme(リアルミー...
アメリカに本社を置くIT専門調査会社IDCが発表したレポートで、2019年Q1のスマートフォンマーケットのメーカー別世界シェアが明ら...

Source: Counterpoint

フォローする

Writer

早川あさひ
ミニマリスト的な思考が強く、シンプルな暮らしを信条としています。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.11.10 22:24 ID:24705a07f 返信

    2019年7-9月スマホ世界販売台数

    サムスン   7840万台
    ファーウェイ 6680万台
    アップル   4480万台
    ソニー     60万台

    • 匿名 2019.11.15 03:46 ID:d076817b9 返信

      桁2つ違ってて草

  2. 匿名 2019.11.11 00:12 ID:43229ae84 返信

    一年前にできたrealmeが既にモトローラ越えたとかbbkグループ強すぎるわw

    • 匿名 2019.11.11 11:36 ID:f85232acc 返信

      しかもあのカラーOSやめるって言われてるしな

  3. 匿名 2019.11.11 02:07 ID:771969fe0 返信

    関係ないかもだけど、ID表示は素直にうれしいや。

  4. 匿名 2019.11.11 10:09 ID:ad57c234b 返信

    Nokia頑張ってクレメンス

  5. 匿名 2019.11.11 19:04 ID:31004ef6a 返信

    サムスン尚シェア上がるってスゲエなおい

    • 匿名 2019.11.13 11:32 ID:79e6a3347 返信

      サムスンはSだけじゃなくてAシリーズのコスパに力入れたらもっと伸びると思うわ
      A60のグロ版とか欲しいもん

  6. 匿名 2019.11.13 03:26 ID:a3316d7b8 返信

    ソニーの没落ぶりが半端なくて悲しくなる。
    以前の世界のソニーは何処へ?

  7. 匿名 2019.11.15 21:06 ID:741ae995c 返信

    ソニーはNuro光とソニー損保があるから・・・

  8. 匿名 2020.01.25 11:52 ID:c44ba2dcd 返信

    さすが韓国兄さんやで…

  9. 匿名 2020.01.29 20:56 ID:7b4359e3d 返信

    Appl〇低いなww

  10. ほぺほぺ 2020.06.27 09:38 ID:9fd5a797b 返信

    中華勢スゴっ。アップル正念場やな。

  11. 匿名 2020.10.15 22:27 ID:0dee1c719 返信

    中国製は高い技術力と生産性を兼ね備え急激に成長を遂げた。もはや世界の工場です。日本の技術は世界よりも格段に劣っており、世界から見放された格好である。日本は世界でより早く技術を作っていたが今や真似しか真似すらできない国に成り下がってしまった。残念で仕方がない。