電子ペーパースマホ「Yota Phone」を製造していた露Yota、破産する

背面に電子ペーパーを搭載したスマートフォンで有名のYota Phoneを製造しているロシアのスマホメーカーであるYota社が破産しました。

Yota Phoneは2013年に登場したスマートフォンです。背面に当時珍しかった電子ペーパーを背面に備え、電池が無くなりそうな非常時や、テキスト表示、太陽光が眩しいときに利用する際に役立つ個性的なスマートフォンでした。その革新的な見た目から、北の変態スマホとして一躍有名になりました。

2代目のYota Phone 2

初号機のYota Phoneはロシア国内での販売がメインで、周波数帯が日本やアメリカのものに対応しておらず、個人輸入しても技適的にも周波数的にも使えない機種でした。

Yotaは2台目のYota Phone 2をアメリカ進出させようとしましたが、実現できず、3代目のYota Phone 3とともに中国市場に進出するのみとなっていました。その中国市場参入も大コケし、Yotaは窮地に立たされていました。

最新機種のYota Phone 3

Yotaはアメリカ市場参入のためのアメリカ向け端末用に、シンガポールのディスプレイメーカーであるHi-P Electronicsに頼んでいたディスプレイを発注できず、Hi-P Electronicsに訴訟を起こされます。

その結果、Yotaは約1700万ドルの違約金を支払い、経営を維持できなくなったため破産につながったという流れのようです。

ライバル(?)のKindle

背面電子ペーパースマホはよく読書をする人にとっては嬉しいかもしれないですが、意外と活用方法があまりありません。その上、中国のHisenseにも同様の機能を積んだ安い端末があったり、iPhone向けに電子ペーパーディスプレイを追加できるケースが販売されています。

電子ペーパー搭載機種といえばKindleですが、そのKindleもかなり安く、他のスマートフォン+Kindleといった組み合わせに使用感、コスパで勝てなかったのでしょう。

変態スマホがなくなっていくのはスマホマニア的には残念ですが、Yotaの破産は必然だったのかもしれません。

Source : Gizmochina

フォローする

関連記事

Writer

Mo
2013年にMNPを知ってからスマホオタクになった理系学生。メインはiPhone7でサブはズルトラ。 スマホ以外にカメラをやっているのでカメラに関する記事もバンバン書きます。

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.04.23 17:39 ID:b66f034ed 返信

    中国資本傘下という大事な部分が抜け落ちてるね。
    あとは1年前のITメディアの記事。

    • 匿名 2019.04.23 19:30 ID:ba8a2be7e 返信

      意図的に抜いたんでしょうね。
      telektlistはそういうサイトです。察しましょう。

    • 匿名 2019.04.24 17:53 ID:413275ef5 返信

      破たんした企業がどこの資本下でも関係ないんでないの。
      アメリカ進出に成功してたらまた違ったんだろうけど、
      結局中露しか手出しできなかったしね。

      • 匿名 2019.04.24 23:22 ID:56f3c54b1 返信

        調べたら本当にITメディアの記事を丸パクリしてあってドン引きした

        • 匿名 2019.04.24 23:44 ID:f9e74d215 返信

          マジですか…釣りライターにパクリもかよ…

        • 匿名 2019.04.25 06:09 ID:2bfdd5abb 返信

          一年前のITmediaのyotaの記事というと
          「両面スマホの今は? 中国で販売中の「YotaPhone 3」に見る未来」
          か?どの辺が丸パクリ?

          • 匿名 2019.04.25 11:09 ID:a311547bb

            どう見てもそれじゃないでしょ

          • 匿名 2019.04.25 13:43 ID:ed160e727

            つまりどう見てもパクリじゃないということだ

          • 匿名 2019.04.29 00:01 ID:bf867c6b7

            どーでもええわw