Xperia XA2 Plusが発表。ベゼルレスの18:9ディスプレイを搭載

昨日、Sonyは海外にてミドルレンジスマートフォンのXperia XA2 Plusを発表しました。

スペックは、CPUはSnapdragon 630、RAMは4GBか6GB、ROMは32GBか64GBで、さらにmicroSDカードにも対応しています。

メインカメラは23メガピクセルのシングルカメラでインカメラは8メガピクセルになります。また、インカメラは広角になっており、大人数のセルフィーに配慮されています。

指紋認証センサーは本体背面にあり、Xperia伝統の側面にある電源ボタンについた指紋認証ではありません。これはアメリカにおける特許の問題もありましたし、いい選択だと言えるでしょう。

バッテリー容量は3580mAhになっており、コネクターはUSB-Cを搭載します。

また、Sonyお得意のオーディオ関連は、ミドルレンジながらもこだわった仕様になっています。。LPCM、FLAC、ALAC、DSDに対応し、もちろんハイレゾオーディオにも対応しています。

また、今回のXperia XA2 Plusの特徴は何と言ってもディスプレイです。Xperiaではまだまだ珍しい18:9のディスプレイを搭載し、上下のベゼルも少なく、特に左右のベゼルはほとんどベゼルレスといってもいいような仕上げになっています。

カラーはシルバー、ゴールド、グリーン、ブラックの4種類で、8月に発売予定です。

XiaomiやHuaweiが続々と新ミドルレンジスマートフォンを発表しようとしている中、Sonyもミドルレンジのスマートフォンを発表しました。デュアルレンズがないなどスペックでは劣っている一方、オーディオ周りやブランド、デザインで勝負を仕掛けているように感じます。

あとは価格によりますが、ライバルの価格設定も考えるとできれば2万円台、高くとも3万円台でなければ売れないように感じます。まだ価格は発表されていませんが、Sonyには攻めた価格設定で販売してほしいものです。