TikTokで有名なByteDanceが自社製スマホを開発中か

まさかのTikTok Phone爆誕か...

Amazonは自社サービスを利用しやすいスマートフォンのFire Phoneを、FacebookはHTCと契約してFacebookプリインストールのHTC Firstを作りましたが、どちらも大失敗に終わりました。

アプリ等のサービスを提供している会社がスマートフォンを開発すると失敗する傾向にありますが、あの若者向け動画共有サービスのTikTokの運営元「Bytedance」がスマートフォンを開発中であるそうです。

ByteDanceは猛烈な勢いで成長中

2016年にリリースされているTikTokですが、運営しているByteDance(字节跳动)は2017年に約150億元(約2400億円)、2018年に約500億元(約8200億円)の売上を記録しています。あのTwitterでさえ約3200億円の売上であるということを考えると、どれだけ規模が大きいのかがわかりますね。

2019年になり、TikTokユーザーはいまだに増加し続けています。更にはショートムービーの広告単価も上がり、ByteDanceの売上も順調に上昇する見込みです。

ソフトウェアで成功したByteDance、ハードウェアはどうか?

Smartisanのスマートフォン

Financial Timesのレポートによると、TikTokの運営会社である中国ByteDanceは、TikTokはもちろんのこと、TopBuzzやNews Republicといった自社開発のアプリをプリインストールしたスマートフォンの開発中とのこと。このスマートフォンを普及させることにより、アプリ利用者を底上げする計画です。
スマートフォン開発は、かつて中国で人気だったあのSmartisanから買い取った特許と引き抜いた数名の従業員を中心に進めているようです。
詳しいスマートフォンの情報や、ティザー画像はまったくないものの、このスマートフォンは10-20代をターゲットとした格安スマホになる予定です。なお、想定されている市場は、中国、インドです。
TikTokはここ数ヶ月間常にアプリストアのランキング上位に君臨しており、ByteDanceはソフトウェア、サービスにおいては大成功を収めています。しかし、ハードウェアとしてのスマートフォンはHuawei、Xiaomi、OPPO、Meizu、Vivoといったメーカーが既に確固たる地位を築いています。

自社製アプリ(しかも他のスマートフォンでもインストールできるもの)のみで差別化をし、スマートフォン市場に切り込むのはByteDanceにとって相当難しい戦いになりそうです。アプリのプリインストール以外にも何らかの工夫がない限り、かつてのAmazon、Facebook同様に大爆死してしまう可能性が高いでしょう。
いずれにせよ、ByteDanceによる自社製スマートフォン開発は一筋縄ではいかないものだと思われます。

Source : Phonearena

フォローする

Writer

ナカヤマユウショウ
2013年にMNPを知ってからスマホオタクになった理系大学生。telektlistでは珍しいiOS派。 最近顔出しでYouTubeはじめました。 Twitter: @yushonakayama Instagram: @yushonakayama

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.05.29 18:44 ID:b86e9ae2e 返信

    似たような業態で派手に散った会社に楽視(LeEco)ってのもありましたねえ。
    最近話を聞きませんが、どうなったんだろう、あそこ。

  2. 匿名 2019.05.29 21:00 ID:9819428be 返信

    スマホこけて本業も圧迫してシャオミに漁られるとかいう展開だと面白い

  3. 匿名 2019.05.30 00:08 ID:c53f94553 返信

    当時ti○tokがウザすぎて叩く為にtik○ok関連を調べたついでにこのbytedance社も調べてたけど個人的にはこの会社HU○WEIより信用ならんぞ

    • 匿名 2019.05.30 14:44 ID:669166ae9 返信

      情報黙って収集しててガチで怒られてたよな

  4. 匿名 2019.06.22 23:39 ID:8780fb566 返信

    TikTokなんかMusical.lyのパクリアプリだし
    自分の力でコンテンツを生み出していく力がない企業なんてスマホ業界成功できる訳がないと思う
    調子こいて逝け