テンセント×Huaweiのコンビがクラウドゲーム市場に電撃参入【最強のふたり】

ロイター通信は26日、テンセントがHuaweiとタッグを組み、クラウドゲーミングサービスの開始に向けて共同開発ラボを設立したと報道しました。テンセント自身の「声明」によるものだとしています。

巨大ゲーム会社テンセント、クラウドゲーミングとは?

テンセントといえば、「クラッシュ・ロワイヤル」のSupercellや「フォートナイト」のEpicGamesを傘下に持つ世界最大のゲームパブリッシャーです。

一方のHuaweiは、言わずもがな中国最大手のスマホメーカーにして、Kirinチップを始めとする半導体製造にも強みを持っています。両社とも、中国版GAFAこと「BATH」の一角に数えられています。

「クラロワ」のSupercellはテンセント傘下

クラウドゲーミングとは、ゲームプレイヤーの自宅ではない遠隔地にある巨大なサーバーでゲームの計算処理を行い、高速なインターネットを経由してリアルタイムでゲーム映像を配信しつつプレイすることができる技術。手元に高性能なコンピュータを必要としないため、スマホやノートパソコンでも高画質なゲームプレイを可能にします。

日本では先日softbankが、5Gサービスの開始に合わせてNVIDIAのGeForce NOWを日本へ持ち込んだことが話題となりました。

テンセントが持つ大量のタイトルとHuaweiの半導体技術のタッグ

ロイターによれば、2社によるクラウドゲーミングサービスでは、Huawei製のKunpengチップファミリーが採用される予定。これらをテンセントの保有するクラウドゲーミングのプラットフォーム「GameMatlix」上に構築するといいます。
Google StadiaにMicrosoft XCloudなど、アメリカ企業+Intel製チップが幅をきかせるクラウドゲーミング市場に、中華陣営2社で殴り込む形です。

GDC 2019で、Googleの新たなゲームサービス「STADIA」が発表されました。 どんなサービスなの? いまやスマホがあ...

また、テンセントは「人工知能(AI)と拡張現実(AR)に重点を置く」とも述べているとのこと。

今のところ、2社によるサービスの開始に関して一切の予測はできませんが、テンセントの持つたくさんのビッグタイトルには期待できるかもしれません。

5G対応のゲーミングスマートフォン「nubia Red Magic 5G」が正式に発表されました。現時点では世界最高となる144Hz...

Source:ロイター(英),XDA Developers

フォローする

Writer

sekken
プロフィールネタ切れです。 Twitter作ってみました→https://twitter.com/sekkenthewriter

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.03.31 19:51 ID:c0506754e 返信

    映画のタイトルみたいだなお前な

  2. 匿名 2020.03.31 20:41 ID:559b0b7e0 返信

    中国の人口でクラウドゲーミングサービスは無茶だろ…

  3. 匿名 2020.03.31 20:46 ID:e6b72fc6f 返信

    STADIAはEPYCとRadeonじゃなかった?

    • sekken 2020.03.31 21:08 ID:9cec3a5f2 返信

      コメントありがとうございます。
      ソース元のXDA Developersで紹介されていたレポートでは、StadiaはIntel駆動という紹介になっていたのでそこに準拠しています。
      (https://www.extremetech.com/gaming/288237-google-stadia-is-powered-by-intel-cpus-not-amd)
      ローンチの際はAMDと言われていましたが、途中から変わったのかもしれないです。
      正直詳しくないもので…
      英語版Wikipediaにもちょこっと載っていますね。
      https://en.wikipedia.org/wiki/Google_Stadia#Hardware

      • 匿名 2020.03.31 21:48 ID:e6b72fc6f 返信

        どっちかはあまり重要でないからか出回らないですよね……知りたい……

  4. 匿名 2020.04.01 11:05 ID:c28b10f5b 返信

    なんかソフトバンクの広告のあれみたいだね