OPPO Reno4 Proグローバル版が発表【インドで約4.9万円~】

中国で発売されたOPPO Reno 4 Proですが、グローバル版が発表されました。インドでまずは発売となります。グローバルではReno 3シリーズが出回り始めていますが、ようやくReno 4 Proも登場が近づいています。

中国版とは違い、グローバル版は5G非対応であることが大きな違いとなっています。

SoCはスナドラ765Gから720Gに変更

グローバル版として発表がされたReno 4 Proは、6.5インチのFHD+スーパーAMOLEDディスプレイを搭載しており、90Hzのリフレッシュレートに対応します。また、180Hzのタッチサンプリングレートにも対応していることも魅力となっています。

中国版ではSnapdragon 765Gが採用されていたチップセットも、グルーバル版では5G非対応で性能も抑えられたSnapdragon 720Gが代わりとなっています(Antutuスコアは約32万点→約27万点となります。)

内蔵メモリは8GB、内蔵ストレージは128GBと256GBの二つのオプションから選べるようになっています。バッテリー容量は4,000mAhです。

また、Reno 4 ProはSuperVOOC 2.0による65Wの超高速充電に対応しています。これはReno 4 Proの価格帯では非常にユニークな特徴です。

カメラが強みのRenoシリーズ

Reno 4 Proは背面にクアッドカメラを備えていることが特徴です。カメラはそれぞれ48MP、8MPの超広角レンズ、2MPのモノクロレンズ、2MPのマクロレンズという構成になっています。中国版にあったテレフォトレンズはモノクロレンズに置き換えられています。

前面のパンチホール型セルフィーカメラは32MPとなっており、ソニーのIMX616センサーを使用しています。

価格と発売日、カラー

インドで発表されたReno 4 Proは、8月5日からインド国内で発売となる予定です。

価格は8GB/128GBバージョンは34,990ルピー(約4.9万円)、8GB/256GBバージョンについては分かっていません。カラーはスターリーライト(ブラック)とシルキーホワイトの二色から選ぶことが可能です。なお、中国版は日本円換算で5.9万円~だったので、Socを落とすことで価格を1万円削っています。

インドでの発表となりましたが、今後ヨーロッパやアジアなどでも同じように発表がされるかは不明です。Renoシリーズは毎回グローバルでも発売がされているので、本格的なグローバル展開は時間の問題となってくるでしょう。

なお、中国ではOPPO Reno 4 ProにあわせてReno 4 5Gも発売されましたが、こちらのグローバル版も(インドでなく)タイで発売されました。Reno 4 5Gも同様にSocがダウングレード(765Gから720G)され、価格は日本円換算で約4.2万円です。

日本については、Reno3 ProがReno3 5Gとして先月発売されました。Reno 4もしくはReno 4 Proのグローバル版を日本発売するにあたって、このまま5G非対応版でいくのかも注目されます。

7月31日から、SoftbankがOPPO Reno3 5Gを販売することが決定しました。既に予約受付が開始されています。S...
Oppoから2019年に登場し大きく話題になったReno 10x Zoom。日本では、楽天モバイル等でも取扱がされています。その後継...

Source: GSMArena

フォローする

Writer


関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.08.02 12:21 ID:b0fddbc1e 返信

    5万って・・・Redmiがバカ売れするインドでこれ売れるのか?

  2. 匿名 2020.08.02 13:38 ID:129c1c3c4 返信

    え、765Gじゃないなら要らない

  3. 匿名 2020.08.02 14:29 ID:658847912 返信

    SD720Gで5万って高くないか?

  4. 匿名 2020.08.02 15:35 ID:de49b5f74 返信

    カメラ望遠捨ててんのかよおい…

  5. 匿名 2020.08.02 15:49 ID:feb67818c 返信

    >性能も抑えられたSnapdragon 720Gが代わりとなっています(Antutuスコアは約30万点→20万点となります。)

    765Gは32万点前後で720Gは27万点前後だぞ
    ここのライターならそれくらい分かるだろ

    • 匿名 2020.08.02 16:48 ID:632c65d2d 返信

      730Gと勘違いしているみたいね

    • telektlist管理人 2020.08.04 07:11 ID:f40721d02 返信

      大変失礼しました。修正しておきます。

  6. 匿名 2020.08.02 17:16 ID:a37b88141 返信

    全く売るつもりなくてワロタ

  7. 匿名 2020.08.02 18:15 ID:658847912 返信

    最近の中華スマホ高くない?

    • 匿名 2020.08.03 05:40 ID:b7f5487e7 返信

      中華スマホの高騰がすごい
      5G対応のiPhone12がほぼ11と変わらない価格らしいから尚更高く感じる
      そりゃiPhoneの場合最低価格が約8万からと高いとは言え
      価格がほぼ変わらないのと3万レベルのスマホが5万で売られるのとでは全然割高感が違う
      もう中華にコスパを求める時代じゃないんかなぁ

  8. 匿名 2020.08.02 18:53 ID:9b7c557be 返信

    720gなら二万円台じゃないと買うわけ無いだろ

  9. 匿名 2020.08.02 22:24 ID:993e69ae9 返信

    元々Renoシリーズは性能の割りに割高だったけどこれは酷いな

  10. 匿名 2020.08.03 02:37 ID:93d907b9f 返信

    >>中国版ではSnapdragon 765Gが採用されていたチップセットも、グルーバル版では5G非対応で性能も抑えられたSnapdragon 720Gが代わりとなっています(Antutuスコアは約30万点→20万点となります。)

    嘘はよくないな。
    20万ってver7とver8を混同してそうだし、もししてなかったのなら意味不明。

  11. 匿名 2020.08.03 05:29 ID:b7f5487e7 返信

    antutuがどうであれ720Gで5万は高いね
    3万なら分かるけど

  12. 匿名 2020.08.03 08:02 ID:a0e42e9aa 返信

    泥の5万はハイエンドが常識だからね
    今年からはSE2とも比較される様になったから
    激戦区の価格帯

  13. 匿名 2020.08.06 15:51 ID:00f104136 返信

    まだ、日本メーカーのよりは全然良い。
    まあ、仕様の割にちょっと高めだな。
    この値段だったら全然気にはならない。