Realme Buds Air Neoのデザインやスペック情報が明らかに【AirPodsそっくり】

Realme Buds Airの廉価モデルとなるRealme Buds Air Neoのデザインやスペック情報が明らかになりました。廉価モデルということで、かなり機能も削られているようです。価格が5,000円を下回ることはほぼ確実と筆者は予想します。

デザインは相変わらず、まんまAirPodsです。もはや中華メーカー各社がこのデザインのイヤホンを出し始めていて、違和感もなくなってきました。最近では、OnePlusまでもがAirPods似のイヤホンを発売するというニュースもあります。

多くのスマートフォンを出しているOnePlusですが、このたびOnePlusブランドで完全ワイヤレスイヤホンが登場することになりそう...

Type-C不採用・ワイヤレス充電非対応

公開された画像から、充電ポートがType-CではなくType-Bであることが判明しています。ここ最近では新たにType-Bを採用するガジェットはほぼありません。

スマホもほとんどがType-Cへと移行する中、スマホと同じ充電端子で充電できないのはかなり不便に思います。コストカットのためとはいえど、Type-Cだけは搭載して欲しかったですね。

また、ワイヤレス充電にも非対応だそうです。なお、通常モデルのRealme Buds AirはType-C、ワイヤレス充電対応です。

17日、Realmeがインドで発表会を開催し、Realme X2のインド国内発表に併せてRealme初の完全ワイヤレスイヤホン「Re...

判明しているスペック

  • 17時間持続(ケース)バッテリー
  • R1チップ
  • Bluetooth 5.0
  • 13mm スピーカー
  • ゲーミングモード搭載(遅延軽減)
  • Micro-USBポート
  • LEDライト(バッテリー状況表示)

廉価モデルといえど、ゲーミングモード搭載はうれしいところです。

ゲーミングモードとは、ワイヤレスイヤホン最大の弱点である遅延を軽減する機能で、使用時では遅延が51%カットされるとのことです。音ゲーやFPSをプレイする方は要チェックな機能でしょう。

価格に期待

価格はまだ明らかになっていませんが、通常モデルのRealme Buds Airが約6,000円ということを考慮するとそれ以下になることは確定です。

XiaomiもAirPods型イヤホンMi Ture Wireless Earphones 2をキャンペーン価格5,600円でインド市場に投入しており、競争は避けられないでしょう。

廉価モデルのRealme Buds Air Neoには、それをさらに下回る3,000~4,500円の価格設定を期待したいところですね。

AirPods似の完全ワイヤレスイヤホン、Mi True Wireless Earphones 2がインドで5月12日に発売されまし...

source:91mobiles

フォローする

Writer

yajirobe
TOFに感じる可能性

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.05.20 13:11 ID:a494bbc63 返信

    遅延軽減って言っても、コーデック考えればねぇ…
    AppleみたいにAACなのに遅延抑えられるのであればともかく…

    • 匿名 2020.05.20 13:25 ID:7200502c8 返信

      Realme Buds Air はAAC対応でAirPods Pro よりもレイテンシが小さい(ゲーミングモード時)といった情報がこのサイトに掲載されていたと記憶しています。コレの廉価版がどういったものになるかは分かりませんが。

  2. 匿名 2020.05.20 14:44 ID:18dda797c 返信

    インドとか廉価機種ばっかだから音ゲーとかPUBGとかそもそも無理だろうし
    この商品のターゲット層にはそれっぽいこと書いてれば売れるんじゃないの?w