グラフェンバッテリー実用間近。スマホが20分で満充電可能に

グラフェンバッテリーの実用化はすぐそこです。

アメリカのReal Graphene社は、グラフェンバッテリーの開発に成功。既にスマホメーカーにサンプルの提供を開始していることを明らかにしました。

同社は既に、グラフェンバッテリーの外部への販売を開始していますが、スマートフォンメーカーへの供給は初めてになります。

3000mAhバッテリーを20分でフル充電

Real Grapheneの開発しているグラフェンバッテリーは現在のリチウムイオン電池の進化系で、リチウムイオン二次電池とも呼ばれています。強みは従来のリチウム電池より充電速度が速く、寿命が長いこと

Real Graphene社CEOのサミュエル・ゴング氏は、自社の容量3000mAhのグラフェンバッテリーは20分以内に0%から満充電できると述べています。従来のリチウム電池だと平均90分かかるとされています。

また、発熱が抑えられているため寿命も従来のバッテリーの3倍以上になっているとのこと。

一方で、実用化に向けた課題も未だに残っています。

それは、体積あたりの蓄積可能なエネルギー量が少ないことと、原料が高コストであることです。

この課題をどの程度克服しているのかは不明ですが、サミュエル・ゴング氏は2020年中にもグラフェンバッテリーを搭載した端末が登場するとしています。

先月、Huawei FranceがHuawei P40シリーズにグラフェンバッテリーを搭載することを示唆するような内容が投稿され、すぐに削除されるというニュースがありました

Real Graphene社はスマホに限らず、様々な製品にグラフェンバッテリーを搭載することを目標にしているとのこと。サムスンなど他社も開発中のこの次世代バッテリーですが、一番最初に搭載するスマホはどこのメーカーが発売するでしょうか。

SAMSUNGは2021年を目標に、リチウムイオンバッテリーに代わるグラフェンバッテリーのスマホへの実装を目指しています。いったいど...

Source:GIZchina

フォローする

Writer


関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.01.23 12:37 ID:3362a516e 返信

    >リチウムイオン二次電池とも呼ばれています。

    今採用されてる電池もリチウムイオン二次電池と呼ばれているはずだけど、、、

  2. 匿名 2020.01.23 12:45 ID:e0d581b74 返信

    現行のバッテリーはリチウム電池ではなくリチウムイオン電池ですよ。

  3. 匿名 2020.01.23 14:52 ID:801b453bd 返信

    後はバッテリー周りの進化くらいか
    軽く小さく大容量で発熱しない
    なかなか難しいとは思うけど

  4. 匿名 2020.01.23 15:54 ID:f0ac2caa4 返信

    コンデンサーとリチウムイオン電池の中間みたいな感じかな?

  5. 匿名 2020.01.23 16:04 ID:0837f397e 返信

    これ書いたライターさん…

  6. 匿名 2020.08.07 15:19 ID:4f2d51986 返信

    もしかして二次電池が第二世代みたいな意味だと思ってるのかこのライターは

  7. 匿名 2020.08.07 15:55 ID:096fcf32b 返信

    二次電池って充電できる電池のことやなかったっけ?