OnsPlus、5G対応スマートフォンのプロトタイプを発表へ

中国の広東省に本社を置くスマートフォンメーカー、OnePlusは世界最大級の携帯電話関連展示会、MWC2019 (Mobile World Congress)にて、5G対応スマートフォンのプロトタイプを発表します。

展示されるプロトタイプには、クアルコムの5G対応スマートフォン向けのSoC、「Snapdragon 855」が使われています。

MWCのクアルコムのブースでは、プロトタイプを使って5Gクラウド経由でストリーミング配信されるゲームの体験プレイができる、とのことです。

5Gスマホのために、OnePlusは入念に準備してきた

OnePlusは数年前から、5Gスマートフォンの研究、開発を進めてきました。

まずはじめに、2016年に自社独自の研究所を開設。その翌年には、クアルコムとの協業をはじめました。

そして2018年12月のプレスリリースにおいて、イギリスの通信会社、EEとの協業を発表しました。この協業の目的は、ヨーロッパで5G対応スマートフォンを最初にリリースすることです。

5G対応で通信の高速化、安定化が期待できる

そもそも5Gとは、4Gにつづく第5世代の通信技術のことです。端的に言えば、現状のものよりも通信の高速化、安定化が可能になります。

そのため5Gの普及により、オンラインゲームやスポーツなどの生中継で遅延を感じにくくなる、と言われています。

5G対応Oneplusの実機がどのようなものになるのか期待しましょう。本モデルはプロトタイプですが、おそらくOneplus 7もしくはOneplus 7Tで5Gに正式対応するはずです。

MWCは2月25~28日、スペインのバルセロナにて開催される予定です。

Source: Telecom

フォローする

関連記事

 コメント