5G対応物理キーボード搭載のBlackBerry機が来年登場【BlackBerry復活】

今年に入り、TCLとのライセンス契約の終了を告げたBlackBerry。契約終了となる8月31日をもって、スマホとしてのBlackBerryはその歴史に終わりを告げると思われていました。しかし、TCLに取って代わり、5G対応物理キーボード搭載のBlackBerry機を発売するとする企業が登場。BlackBerryの名を以前のようにまた耳にする日が来るのかもしれません。

君と過ごす、最後の夏休み…。 BlackBerryがTCLとのライセンス契約を終了、2020年8月31日をもって販売を停止する...

OnwardMobilityがBlackBerryとFoxconn子会社と契約締結

OnwardMobilityと呼ばれるアメリカ企業がBlackBerry、そしてFoxconnの子会社、FIH Mobileとのパートナーシップ契約を発表。同社CEOが、5G対応物理キーボード搭載のBlackBerry機を来年発売すると発言しています。

OnwardMobilityの公式サイトには「New BlackBerry 5G Smartphones COMING 2021」の文字が。Smartphone"s"、と複数形であることから、来年に発売される5G対応BlackBerry機は少なくとも2機種はあるようです。

この件に関し、BlackBerry CEOのジョン・チェン氏は以下のようにコメントしています。

消費者が、新たな5G対応BlackBerry機がもたらす企業や政府機関レベルのセキュリティとモバイルでの生産性を体験することを楽しみにしています。(意訳)

OnwardMobilityとは

今回、新たにBlackBerryブランドのスマートフォンを発売するOnwardMobility。その歴史は比較的浅く、創業は2008年で、今までセキュリティ重視のモバイルソフトウェアを手掛けてきました。

CEOであるピーター・フランクリン氏は、Microsoft(Azure)やZynga(Farmville)などを経歴に持ち、他の幹部らもスマートフォン業界やテクノロジー関連において豊富な経験を持っているようです。

日本での発売に期待

新たな5G対応物理キーボード搭載BlackBerry機は、Android OSを搭載し、北米およびヨーロッパで発売されるとのこと。それ以外のスペックや発売される市場については分かっていません。

しかし、日本では以前よりBlackBerryスマホの正式販売があったり、日本オリジナルモデルとなるBlackBerry KEY2 Last Editionの発売などがありました。今回は、TCLではなくOnwardMobilityとメーカーが違うため何とも言えませんが、是非とも日本発売に期待したいところですね。

カナダで生まれ、世界的なヒットをもたらしたBlackBerry。ビジネスマンからライトユーザーまで多くを魅了したあのキーボードは、ス...
TCLは先日、TCL 10シリーズを発表しました。 TCL 10L、TCL 10 Pro、TCL 10 5Gの3機種で構成され...

Source:GSMArena

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.08.22 14:47 ID:e34b5468b 返信

    ラストエディション(笑)

  2. 匿名 2020.08.22 15:02 ID:88e0e82f4 返信

    フリックのほうが速いしイラネー

  3. 匿名 2020.08.22 15:09 ID:02dd7b402 返信

    フリックの入力速度に不満を抱えてる自分にとっては待ちわびたBlackBerry再来。絶対買うぜ

  4. 匿名 2020.08.22 18:05 ID:da78213e1 返信

    とても嬉しい。やはり物理キーはロマン

  5. 匿名 2020.08.22 19:58 ID:57dfce115 返信

    やったぜ

  6. 匿名 2020.08.22 20:29 ID:6456275dd 返信

    高く売れる時に
    身売りしとけばよかったのにな