Windows Mobileの敗因は独占禁止法であったとビル・ゲイツ氏が主張

画像 : The Verge

The Vergeのインタビューでビル・ゲイツ氏はWindows MobileがAndroidに負けた大きな原因は、反トラスト法の問題であったと述べました。

ベンチャーキャピタルのVillage Globalで行われたイベントで、Microsoftの生みの親であるビル・ゲイツ氏のト...

反トラスト法とは米国における自由競争の妨害を禁止する法律であり、日本の独占禁止法に相当します。近年、GAFAが捜査の対象になり、違反を疑われていることが話題になっています。そして、Microsoftには数十年前のパソコン普及期から、この法律問題と付き合ってきた過去があります。

今回、ゲイツ氏はMicrosoftのモバイル部門に対しても反トラスト法が悪く動いたことは疑いの余地が無いとぼやきました。そして、反トラスト法訴訟の解決に時間を要したことにより開発者をプラットフォームに引き付けることができず、Windows Mobileは没落の道を辿ったと続けました。

振り返ると初のAndroid端末が発売された2008年、まだWindows Mobile、iOSともに10数パーセントのシェアしか獲得していませんでした。それから11年たった現在、Androidはモバイル市場において76.67%という圧倒的なシェアもっています。

また、Microsoftが先月発表したSurface DuoにはAndroidが搭載され、Windows Mobileは完全に敗北しました。もしMicrosoftの法律問題が複雑化していなかったら、我々の手元にはAndroidの代わりにWindowsの端末があったかもしれません。

Microsoftから折りたたみ式デュアルディスプレイのAndroidスマートフォン、Surface Duoが発表されました。 ...

Souce:The Verge

フォローする

Writer

TERUN
南から来た男。UMIDIGIとHTCを応援してます。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.11.17 17:45 ID:cc5071919 返信

    そういう背景あったんか

    しかし久々にビルゲイツ見たけどすごい置いてるなぁ

  2. 匿名 2019.11.18 12:44 ID:e85f5aa97 返信

    ソフトの互換性ないのにWindowsの名前つけた事だと思うなぁ
    CEもそれで失敗してるんだし…

  3. 匿名 2019.11.18 14:58 ID:94cff97d0 返信

    動作も良好でデザインもiOS、Androidと違って面白くて良かったんだけどなぁ…アプリが本当に無かったのと日本では機種が少なかったからねハイエンドはWindows10mobileになってからEliteX3ただひとつ